昭和60年3月14日日本国有鉄道ダイヤ改正

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

昭和60年3月14日日本国有鉄道ダイヤ改正とは、1985年3月14日日本国有鉄道が行ったダイヤ改正である。

概要[編集]

内容[編集]

東海道新幹線・山陽新幹線[編集]

一部の「ひかり」がさらに停車駅を増加させ、三島、熱海に初めて「ひかり」が停車。

東北新幹線・上越新幹線[編集]

  • 定期列車の発着駅が大宮駅から上野駅に変更された。大宮駅通過の列車も登場した。
  • 水沢江刺新花巻の両駅が開業。

東北枝線区[編集]

  • 釜石線急行「陸中」が北上駅発着から、盛岡駅発着に変更。
  • 花輪線急行「よねしろ」を快速「八幡平」に格下げ。
  • 米坂線経由急行「べにばな」が仙台駅発着から、山形駅発着に変更。
  • 磐越西線急行「あがの」の快速化と福島駅乗り入れ廃止。

高崎・上越・吾妻線、東北本線黒磯以南[編集]

「新幹線リレー号」廃止で、急行を格上げし、新特急「あかぎ」、「谷川」、「草津」、「なすの」を設定。

東北・奥羽・常磐・羽越線夜行[編集]

  • 急行「十和田」臨時格下げ。
  • 急行「八甲田」の全体的な時刻繰り上げ。上野 - 仙台間も夜行化。
  • 急行「津軽」のB寝台廃止。
  • 季節急行「おが」の臨時格下げ。
  • 羽越本線経由寝台急行「天の川」の廃止。

常磐線昼行[編集]

  • 急行「ときわ」が全て特急「ひたち」に格上げ。
  • 水郡線直通の急行「奥久慈」、水戸線経由の急行「つくばね」廃止。

前述以外の上野駅発着特急・急行[編集]

  • 東北、新潟、信州、足利方面からの上野発着急行の全廃
  • 特急「つばさ」の上野乗り入れを1往復まで削減。「やまばと」廃止。
  • 羽越線経由特急「鳥海」の臨時化

房総地区[編集]

  • 特急「すいごう」上り1本を両国行から東京行に変更し、設定以来初めて東京駅に乗り入れる。
  • 特急「あやめ」、特急「すいごう」の佐原以東を普通列車化。

中央東線[編集]

  • 急行「かいじ・かわぐち」の季節化
  • 急行「アルプス・こまがね」を岡谷駅分割併合に変更。昼行「アルプス」は辰野を経由しなくなる。

中央西線[編集]

  • 急行「赤倉」の名古屋 - 松本間廃止で、昼行定期急行廃止。松本以北は長野まで各停の急行「南越後」になる。
  • 夜行急行「きそ」廃止で、夜行急行「ちくま」の大阪~名古屋間の時刻を繰り上げ。

東海道本線[編集]

寝台急行「銀河」の使用車両が20系から14系に変更。急行「ごてんば」廃止。

高山本線[編集]

  • 特急「ひだ」の区間短縮で、飛騨古川以北へ乗り入れ廃止。
  • 特急「北アルプス」の富山駅常時乗り入れ開始。

北陸本線[編集]

  • 特急「ひだ」、急行「のりくら」の北陸本線乗り入れ廃止
  • 急行「くずりゅう」、季節夜行急行「立山」廃止で、定期昼行急行は七尾線、小浜線直通のみとなる。
  • 福井発着の特急「白鳥1、4号」(通称:福井白鳥)を特急「北越」と「いなほ」に分割し、「白鳥」が1往復に戻る。
  • 特急「白山」の食堂車連結廃止と1往復削減
  • 特急「雷鳥」で和風車だんらんの連結開始
  • 夜行急行「きたぐに」が583系電車化
  • 旧型客車全廃。EF70形の運用終了。富山港線から旧型国電引退
  • 419系の運用開始

関西本線・草津線・紀勢本線東部・参宮線[編集]

  • 急行「紀州」がすべて特急「南紀」に格上げ。
  • 急行「平安」廃止。立て替えで急行「志摩」が2往復に増発。

紀勢本線西部[編集]

  • 急行「きのくに」はすべて特急「くろしお」に格上げ。南海電気鉄道乗り入れ列車廃止。

姫新線[編集]

  • 急行「みまさか・みささ」が1往復に削減。

山陰本線東部[編集]

  • 特急「まつかぜ」が米子駅打ち切り。食堂車連結廃止。80系気動車引退
  • 特急「あさしお」の東舞鶴発着列車新設。
  • 京都駅-出雲市駅の唯一存在していたオハネフ12連結の普通列車「山陰」廃止。代替で夜行急行「だいせん」に自由席を設置。
  • 国鉄12系客車に近郊形2000番台登場、一部を置き替え。

山陽本線・山陰本線西部・美祢線[編集]

  • 特急「まつかぜ」の米子以西を系統分離し、米子駅-博多駅に特急「いそかぜ」新設。
  • 急行「さんべ」、「あきよし」の美祢線経由の廃止。
  • 「さんべ」は山陰本線のみ運転の1往復となる。「あきよし」は「ながと」に改称して山陰本線経由となる。

芸備線[編集]

「ちどり」、「たいしゃく」各1往復に削減。

四国島内[編集]

小松島線廃止により、一部の列車が区間短縮。

九州島内電車特急[編集]

  • 「かもめ」、「みどり」の一部分離運転で、博多~肥前山口間の乗車機会増加。
  • 「有明」でクモハ485による3両編成の特急列車が登場。

九州島内気動車急行[編集]

普通車指定席にリクライニングシートのキハ58 5000、及びキロ28格下げのキハ28 5200投入。

筑豊本線[編集]

本州直通の寝台特急「あかつき」の筑豊本線経由廃止。

北海道内[編集]

国鉄183系気動車に中間車の先頭車改造車が登場。急行列車からの格上げが相次ぎ、急行列車のグリーン車廃止。「まりも」1往復を特急「おおぞら」に格上げ。宗谷本線の急行「宗谷」、「天北」が国鉄14系客車に置き替え。