黒澤マンガン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒澤マンガン(くろさわまんがん)とは、かつてTwitter鉄道界隈に所属していたユーザーの1人。

YouTubeでは三菱梅蔵として活動している。

正体はWikipedia利用者&Enpedia利用者&Yourpedia利用者の新型電気式気動車である。

概要[編集]

2018年6月からハーメルンで活動しており、2020年11月から12月まではTwitterに出没していた鉄道ファン。YouTubeもやっている。かつてはpixivユーザーでもあり、国木田大吉として活動していた。

この人物もかなりの問題ユーザーであり、後述の問題行動により色々炎上したり目をつけられたりしているれっきとした地雷鉄である。

人物[編集]

基本的に一人称は「私」で、丁寧語で喋るが、pixiv末期以降は一人称「俺」の男性口調が混じるようになった。また、他ユーザーを呼ぶ際は掲示板以外では基本さんもしくは氏をつける。なお、フォロワーとのLINE交換やエンカは2021年4月時点ですべて断っている。

専門範囲はラブライブ!ポケモンプリキュア鉄道旅行笑点数学BanG Dream!等。ただし、人間観察がすごく苦手と語っており、特に実在の有名人の記事を一から書くことはかなり苦手である。

また、スクフェススクスタガルパは色々出遅れたため全くやっていない。特にスクスタは批判の嵐のため今後もやる予定はないとのことである。

鉄道車両における好きな駆動方式は吊り掛け駆動、制御方式はVVVFインバータ制御で、インバータの素子はGTOサイリスタのほうが好きである。これは彼が展開する架空鉄道である中部高速鉄道の設定にも色濃く反映されている。

意外な一面として、葉加瀬太郎柏木広樹などのイージーリスニングなどを好むほか、のりもの探検隊等の子ども向け鉄道ビデオで使用されたSOUND BANK等の業務用BGMのサンプルを普段から聴いている可能性がある。これは4月26日の日記で「広告が流れてきた」と語っていたことから推察される。

作風[編集]

小説[編集]

最初はオリジナル作品を中心に書いていたが、2019年よりラブライブ!サンシャイン!!の二次創作を書いている。とにかくギャグで埋め尽くされており、シリアスな場面はかなり苦手である。本人曰く、心が折れるとのこと。百科事典の記事の執筆依頼を受ける際もシリアスな場面を書くシーンは全て他者に任せる傾向がある。

たまにテレビ番組のパロや鉄道旅行記を書くこともある。

一時期はラブライブ!BanG Dream!クロスオーバーを書いたこともあったが、2021年2月5日付で『「BanG Dream!(バンドリ!)」著作物利用に関するガイドライン』制定に伴いそのガイドラインに抵触したと判断しBanG Dream!界隈から撤退した。

なお、ウマ娘プリティーダービーには一切手を伸ばせないと語っている。

イラスト[編集]

彼が描いた近鉄18000系電車。こんな絵のクオリティなので、Enpediaにて必要と判断した場合「落書き」としてアップロードしている。

2020年6月よりイラストをも描いており、主に架空鉄道架空の車両のイラストを描いている。たまに記事アイコンや汎用メイン画像を描いたり、ツイートのスクショみたいなものを真似て描いたりもあった。

しかし、相次ぐ中傷コメントにより2021年4月7日をもってニコニコ静画のものは全削除した。

問題行為および騒動[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

二次創作や鉄道関連の記事の乱立[編集]

タグとして使われているものを基本に記事を立ててはいるが、内容が薄い立て逃げ記事であったり内容としては十分なものの参考資料を見つけることもなくデタラメと言われたりしたため荒らし扱いされた。

笑点関連記事の一部を私物化[編集]

やるかジジイ笑点メンバー罵倒集の記事の私物化を行い、他ユーザーを荒らし扱いして執筆依頼を提出していた。結局執筆依頼の提出が逆効果であったと気づき、執筆依頼の提出を取りやめた模様。

クソリプ・DM・ブロック[編集]

Twitter利用者として当初はクソリプやDMを繰り返しており、ブロックされると必ずブロック返しをしたため、逆ギレと評された。また、自らの言動を棚に上げて他者に通報を依頼するというブーメランと評される行為も見受けられた。

この結果色々他ユーザーに目をつけられ2020年11月18日にpixivを退会したが、それ以降も問題行為が多かった。

ナカ・コータローを許すな[編集]

ナカ・コータロー氏という鉄道ファンかつラブライバーのユーザーに他のラブライバーが冒涜されブロックされているのを見て彼が作成したタグ。このタグに被害者たちも便乗し炎上してしまった。

ミズトレ生誕祭をめちゃくちゃにしようぜ[編集]

カステラ氏に迷惑をかけた鉄道ファンのミズトレ氏だが、彼とは当時FFではなかったので便乗してブロックし、晒し屋というサイトに晒してしまった。その結果一度ブロックされるも、結局彼とはフォロー&フォロバにより仲直りしている。

その後、晒し屋も閉鎖されており、晒されたものは現在閲覧不可となっている。

フォロワー同士の喧嘩ごときでブロック[編集]

フォロワーのうち Sora Channel氏とShibuya Likarie氏が突然パクツイの件で揉め、しびれを切らした彼は「喧嘩両成敗。関わったすべてのアカウントはブロックしました。」とブロックしてしまった。すると1件からブロック返しを受けたものの、該当ツイートが削除されたことにより全部のブロックを外している。

黒澤マンガンはTwitterをやめろ[編集]

このように色々叩かれ、散々コケにされた結果自虐タグを作成。しかし、彼を擁護する声が後を絶たず、炎上してしまった。詳細はゆーかブロック祭り2020#黒澤マンガンはTwitterをやめろを参照。

色々問題を起こした彼は最後FFと揉め、Twitterを去り、一度病んだ。その上、戻るたびに病んでしまうようになり、現在はTwitterをやっていない。

その他[編集]

Yourpediaにおいて地雷鉄というブラックリストの項目を立てるという悪行も見受けられ、さらには欠陥のあった鉄道車両に対する誹謗中傷を行っている他、Enpediaではゆーかブロック祭り2020鉄道界隈の問題ユーザーの項目を立てている。

なお、このユーザーがYourpediaにいる限り、Enpediaで記事になった問題ユーザーはYourpediaの地雷鉄の記事に載る。

ハーメルンでも問題はあり、国鉄63系電車高海千歌に対して誹謗中傷紛いの言動を繰り返すことがあった。

ハンドルネーム[編集]

不都合なことがあると度々ハンドルネームを変えてしまう。これまでに以下のハンドルネームを使用してきた。なお、いずれも本名ではない。

生ミイラ
ハーメルンで最初に使用していたハンドルネーム。色々自虐を含んでいたため特急あおぞら号に改名している。
特急あおぞら号
ハーメルンでは生ミイラから改名。初代のTwitterも同じハンドルネームを使用。Twitterでトラブルを起こし垢消し後に改名。
秋水線降細(しゅうすいせんこうさい)
ハーメルンでは特急あおぞら号から改名。pixivに登録後に色々不都合が生じた上、入力が大変なため改名。
国木田大吉
ハーメルンの秋水線降細からの改名およびpixivのハンドルネーム。ピクシブ百科事典の荒らし行為により退会し同時に改名。後述の黒澤錫に次ぐ黒歴史の塊であった。
黒澤錫
Twitterの新アカウントの最初のハンドルネーム。最大かつ最低な黒歴史の塊。国木田大吉と同時に改名。
黒澤マンガン
YouTubeおよびニコニコの投稿開始時のハンドルネームおよびTwitterでの黒澤錫からの改名。FFとトラブルを起こして改名しているが、現在の通り名となっている。
国木田枝太郎
ハーメルンの国木田大吉からの改名およびTwitterの黒澤マンガンからの改名。Twitterをやめてしまい改名。
国木田円枝
Twitterをやめた後のハーメルンでの暫定的なハンドルネーム。年を越す前に改名している。
三菱梅蔵
ハーメルン・YouTube・ニコニコの現在のハンドルネーム
新型電気式気動車
Wiki系のサイトで使用するハンドルネーム。

余談[編集]

実は彼のブロック基準は比較的厳しいところがあり、2021年5月現在は以下の場合はすぐにTwitter等をブロックすることに決めている。

  • フォロワー同士が喧嘩した
  • エロアカウント
  • 出会い系アカウント
  • 本名や住所を聞いてきた
  • 実際の知り合いでないのに執拗にエンカやLINE交換を求めてくる
  • 極めて悪質な荒らし(例外は後述)
  • 他者からブロックを依頼された[1]
  • DMやコメント欄での中傷脅迫[2]

逆に以下の場合はブロックしていない。

  • どんなに悪質と言われても信頼している人物
  • 向こうからブロックしてきた[3]

脚注[編集]

  1. FFの場合は色々判断してブロックするかどうかを決める。
  2. 彼の場合、たとえ自分が悪くてもそこまでしたほうが荒らしと考えている。
  3. ブロック返しはすべて逆ギレになると判断している。

関連項目[編集]