ホームエクスプレス阿南

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論は「トークページ」で行われています。

ホームエクスプレス阿南(ほーむえくすぷれすあなん)は、2008年から2019年まで運転されていたJR四国特急列車のこと。

概要[編集]

牟岐線阿南駅発着の特急は2006年6月1日より臨時の「むろと」として運転されていたが、2008年3月15日のダイヤ改正より定期列車化されるとともに「ホームエクスプレス阿南」に改称された。廃止時点では1日1往復のみ設定されており、かつ当時JRで最短距離を走る特急列車として知られていたが、追加料金が最低320円かかることもあり利用客が低迷し[注釈 1]、2019年3月16日のダイヤ改正によるパターンダイヤ導入をもって廃止となった[1]
2022年現在、1往復のみ残存の「むろと」が似た立ち位置となっている。

運行概況[編集]

キハ185系による2両編成で、グリーン車の設定はなかった。前述の通り廃止時点では1日1往復であり、列車番号は号数+5090Dとなっていた。全区間乗車時の所要時間は26 - 27分程度[注釈 2][1]

廃止以前の運用[編集]

#沿革」も参照

当初は朝時間帯にも設定されていたが、2011年3月12日のダイヤ改正で特急剣山の区間短縮に伴い特急むろとに変更された。また、その後も2012年3月16日までは下りが1本多かった。

停車駅[編集]

括弧内は一部停車。データは2008年の設定時のものとする。

停車駅間の距離は最大でも10.9km(富田停車の場合9.5km)であり、実質「特別料金のいる快速列車」であった。

沿革[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. a b c JR最短区間の特急がラストラン 追加料金は320円:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年3月16日確認。
  2. “平成20年3月ダイヤ改正について” (プレスリリース), 四国旅客鉄道, (2007年12月20日), オリジナル2007年12月23日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20071223144803/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/07-12-20/03.htm 2007年12月23日閲覧。 
  3. “平成23年3月ダイヤ改正について” (プレスリリース), 四国旅客鉄道, (2010年12月17日), オリジナル2010年12月20日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20101220081856/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/10-12-17/01.htm 2010年12月20日閲覧。 
  4. “平成24年3月ダイヤ改正について” (プレスリリース), 四国旅客鉄道, (2011年12月16日), オリジナル2011年12月17日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20111217162638/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/11-12-16/01.htm 2011年12月17日閲覧。 
  5. 牟岐線一部30分間隔に JR四国、利用増加へ3月から|徳島の話題|徳島ニュース|徳島新聞” (日本語). topics. 2019年2月14日確認。

注釈[編集]

  1. 中には貸切状態だったときもある。
  2. 同区間は普通列車で40分程度かかる。
  3. 同時に特急「剣山3号」が牟岐発から阿南発に短縮された。
  4. 同時に上記「剣山3号」も徳島発に短縮され、牟岐線区間での運用を終えた。

関連項目[編集]