空想鉄道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Miraheze-Logo.svg空想シリーズ/ふぁんシリーズWikiにて空想鉄道の項目が独自の視点で解説してあります。

空想鉄道(くうそうてつどう)とは、日本のウェブサイトである。略称は「空鉄」。本記事では空想鉄道で活動するTwitter鉄道界隈に属するユーザーや、空想鉄道発祥の文化についても触れる。

概要[編集]

空想鉄道とは、地図上に架空の鉄道路線を引くことができるウェブサイトである。 登録された路線には、コメントする事が可能であり、ディスカッションの場としても活用できる。 Googleマップを使用、Googleマップに線を引いたりして、駅を設定、また、その駅名を決め、題名を決めることで路線が作れる。そして作られた作品にはコメントができる。

問題点[編集]

2020年4月下旬頃からとにかく荒らしが多い。又、古参新参に壁があり、トラブルがよく発生する。 荒れやすい原因として、

  • アカウントを作るいわゆる会員制ではなく、誰でもやりとりができ、垢banなどの対策ができないため問題ユーザーの排除が難しい。
→そのため小学生のユーザーなどもたまに現れる。[1]
  • これは空想鉄道以外でも見られる問題点だが、ちょっとしたことに過剰に反応したりして炎上の二次災害が発生しやすい。そして、空想鉄道ではその傾向が特に強い。

などが挙げられる。

空鉄発祥の文化[編集]

鉄娘project[編集]

鉄娘projectは上野うぐいす氏によって作られた鉄道擬人化の通称である。主にE235系を筆頭にさまざまな鉄娘がいる。さらにTwitter進出後は拡散、絵師なども鉄娘を使っている例が多くなった。

電娘[編集]

詳細は「電娘」を参照

一方電娘は、うぐいす氏が受験で活動休止していたタイミングでミズトレ氏が作った電車擬人化娘の通称である。こちらは架空鉄道の廃車予定だった車両が少女として生まれ変わるという感じのテイストである。(後に実際の車両から生まれたやつもいるが)こちらは、礼拝刈羽氏などが便乗、さらに鉄娘と電娘の交流も見られている。さらにミズトレはYouTubeの実況キャラとして登場させたり、小説を書いたりとこちらもこちらで拡散を広げている。

外部リンク

鉄道界隈に属する空鉄ユーザー[編集]

詳細は「カテゴリ:空想鉄道で活動しているユーザー」を参照

グループサイト[編集]

他にも、「空想地図」や「空想道路」、「空想路線図」、さらには最近追加された「空想図画」といったサイトもある。

脚注[編集]

  1. かくいう筆者も小学生の頃に空想鉄道をWii Uでプレイしていた。

外部リンク[編集]

空想シリーズ/ふぁんシリーズ系列のサイト一覧
地図系サイト
空想シリーズ 空想鉄道 - 空想道路 - 空想地図 - 空想路線図 - 空想図画 - 空想別館
ふぁんシリーズ 道州制ふぁん - 大阪都ふぁん - 東京都ふぁん - 律令国ふぁん - 六大陸ふぁん
7日間シリーズ 7日間日本1周 - TOKYO★一週間 - OSAKA★一週間
その他 地図ぬりえ
ネタ系サイト
赤ちゃんの名前好感度ランキング - お笑い偏差値 - マンガキャラクタージェネレータ - 運命の人サーチエンジン - 直感ハローワーク - あの星の名前
おまけ
空想シリーズ/ふぁんシリーズWiki