郵便番号

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

郵便番号とは、郵便事業で使われる地名コードである。

概要[編集]

郵便物を扱う際、郵便局で行先別に仕分けを行うことになるが、その仕分けに使う番号が郵便番号である。現在の日本では7桁の番号が使われ、〒ABC-DEFGという形式となっている。

歴史[編集]

大量の郵便物の仕分け作業を効率良くするために導入された。かつては3桁ないし5桁で、郵便物の集配を行う大規模な郵便局の単位で番号が割り振られていたが[1]、1998年に概ね大字を単位とした7桁の番号に変更された。

地域区分として、国民に定着しているため、宅配便やネット関連のビックデータにも利用されている。

番号と地域の関係[編集]

東京を起点に、東から西に付番されているが、北陸・東北・北海道は最後。なお、集配局や集中局の都合で、隣接県の郵便番号のことがある。

1桁目 1,2桁目 おおよその地域 備考
1
(東京)
10 東京都千代田区・中央区・港区・島嶼部
11 東京都文京区・台東区・荒川区・北区
12 東京都足立区・葛飾区
13 東京都墨田区・江東区・江戸川区
14 東京都品川区・大田区
15 東京都渋谷区・目黒区・世田谷区
16 東京都新宿区・中野区・杉並区
17 東京都豊島区・板橋区・練馬区
18 東京都多摩東部
19 東京都多摩西部
2
(南関東)
20 東京都多摩周縁部 西東京市周辺が多いが、多摩市なども入る
21 神奈川県川崎市
22 神奈川県横浜市北部
23 神奈川県横浜市南部・横須賀市三浦市 鶴見区も23に区分される
24 神奈川県横浜市西部・旧鎌倉郡・県央地域
25 神奈川県南部~南西部・座間市相模原市
26 千葉県千葉市
27 千葉県西部
28 千葉県東部
29 千葉県南部
3
(北関東)
30 茨城県南西部
31 茨城県北部・東部
32 栃木県
33 埼玉県さいたま市・蕨市・戸田市・川口市
34 埼玉県東部
35 埼玉県南西部
36 埼玉県北部
37 群馬県
38 長野県北信・東信
39 長野県中信・南信
4
(東海)
40 山梨県
41 静岡県東部
42 静岡県中部
43 静岡県西部
44 愛知県三河
45 愛知県名古屋市西部・南部
46 愛知県名古屋市東部・北部
47 愛知県知多・豊田
48 愛知県尾張北部
49 愛知県尾張西部
5
(大阪・名阪間)
50 岐阜県
51 三重県
52 滋賀県
53 大阪府大阪市北部
54 大阪府大阪市南部
55 大阪府大阪市西部
56 大阪府北摂
57 大阪府北河内
58 大阪府南河内
59 大阪府和泉
6
(近畿・山陰)
60 京都府京都市
61 京都府山城
62 京都府丹波・丹後
63 奈良県
64 和歌山県
65 兵庫県神戸市・芦屋市・淡路
66 兵庫県阪神間・丹波・但馬
67 兵庫県播磨
68 鳥取県
69 島根県
7
(山陽/四国)
70 岡山県東部
71 岡山県西部
72 広島県備後
73 広島県安芸
74 山口県周南
75 山口県長門・山口
76 香川県
77 徳島県
78 高知県
79 愛媛県
8
(九州)
80 福岡県北九州市周辺
81 福岡県筑前・壱岐・対馬
82 福岡県筑豊
83 福岡県筑後
84 佐賀県
85 長崎県(肥前)
86 熊本県
87 大分県
88 宮崎県
89 鹿児島県
9
(北陸・南東北・沖縄)
90 沖縄県
91 福井県
92 石川県
93 富山県
94 新潟県南部
95 新潟県北部
96 福島県中通り・会津
97 福島県浜通り
98 宮城県
99 山形県
0
(北日本)
00 北海道札幌市周縁部
01 秋田県
02 岩手県
03 青森県
04 北海道後志・檜山・渡島
05 北海道胆振・日高
06 北海道石狩・南空知 札幌市都心部も06
07 北海道上川・留萌・北空知
08 北海道十勝・釧路・根室
09 北海道北見・宗谷

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. 明石郵便局が651-21と673の双方を扱っていた様に、番号が複数割り当てられる郵便局もあった。