月 (衛星)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地球から見た月

(つき、英:Moon)は、地球を公転する衛星

概要[編集]

月は古代から人々に知られてきた。それと共に、潮の満ち引きの役割を果たしている。また、月が無くなると一説には地球の環境が激変すると言われている。

直径は地球の1/4。質量は1/70にも満たない。岩石で構成されているため、木星型惑星天王星型惑星太陽よりは密度が高いが地球よりは小さい(火星と同程度)。

地球上から見た月は太陽以外のどの星よりも大きく、実視等級はなんと約-6もある。シリウスよりも遥かに明るい。

かぐや姫など、古くから文学作品には月から来た地球外生命体が題材として存在する。また、実際に居て欲しいと思っている地球人も一定数存在する。

月面到達の主な記録[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが月探査の項目をおカタく解説しています。
  • 1959年9月14日 - ソビエト連邦国旗.png ソビエト連邦の無人探査機「ルナ2号」が、初の月面到達[1]
  • 1959年10月7日 - ソビエト連邦国旗.png ソビエト連邦の無人探査機「ルナ3号」が、月の裏側を初めて撮影[2]
  • 1966年2月3日 - ソビエト連邦国旗.png ソビエト連邦の無人探査機「ルナ9号」が、初の月面軟着陸[3]
  • 1986年7月20日 - アメリカ合衆国の旗(国連サイズ).png アメリカ合衆国の「アポロ11号」により、初の有人月面着陸[4]
  • 2019年1月3日 - 中華人民共和国国旗.png 中国の無人探査機「嫦娥(じょうが)4号」が、月の裏側への着陸に世界で初めて成功[5]

月面戦争?[編集]

P
ピクシブ百科事典のタグ推し達が月面戦争を執筆しています。

中国とアメリカによる月面での競争は既に始まっている様子。

フィクションの話でしかなかった月面戦争が現実味を帯びてきているような…。

つまり無人or遠隔操縦などで機械化された軍隊を月面に送る必要が出てくる。惑星強襲揚陸艦も要るかもしれない。[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]

脚注[編集]

関連項目[編集]

恒星太陽
惑星
地球型惑星
内惑星水星 - 金星
地球
外惑星火星
外惑星
木星型惑星木星 - 土星
天王星型惑星天王星 - 海王星
準惑星冥王星 - ケレス - エリス - マケマケ - ハウメア
小天体
小惑星小惑星帯 - 流星 - パラス - ベスタ - ヒギエアなど
彗星ハレー彗星 - シューメーカー・レヴィ第9彗星 - ベールホップ彗星 - ホームズ彗星 - パンスターズ彗星 - ラブジョイ彗星 - アイソン彗星など
太陽系外縁天体エッジワース・カイパーベルト天体セドナ - クワオアー - オルクスなど) - 内オールトの雲 - オールトの雲
衛星 - フォボス - ダイモス - ガリレオ衛星 - タイタン - エンケラドス - ミランダ - アリエル - トリトン - カロンなど
その他天体衝突 - プラネット・ナイン (推測の惑星) - ヘリオシース - ヘリオポーズ - バウショック