木星型惑星

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

木星型惑星(もくせいがたわくせい)とは、水素ヘリウムなどのガスやそれらが凍ったものを主成分とする濃い大気で表面が覆われ、中心近くまで固い地面がない惑星太陽系では外周部にあり、木星土星天王星海王星の4惑星が当てはまる。なお、ガスが凍ったものを主成分とする惑星を天王星型惑星ということもあり、太陽系では天王星や海王星が当てはまる。以下、天王星型惑星を含まない狭義の木星型惑星について解説する。

構成[編集]

太陽系にある木星型惑星は、全て外周部にを持っている。しかし、これは偶然だと考えられている。大気は水素やヘリウムでできている。地球型惑星より大きいことが多いので(後述)、強烈な重力により気圧が大きくなり、もし人間が突入したらたちまち押しつぶされてしまうだろう。中心核は大きさ数十cmのの粒が集まってできている。また、大気があるので、低気圧もあることが多い。

物理[編集]

誕生するときに、重力が大きく、周りから多くのガスを集めたものが木星型惑星になる。ガスが主成分であるため、密度が小さく、より小さいものもある。太陽系では外周部にあるが、これは偶然で、太陽系外にはホット・ジュピターという、恒星のすぐそばにある木星型惑星も多く発見されている。