冥王星

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

冥王星(めいおうせい 英名:Pluto)とは、太陽系準惑星である。

概要[編集]

1930年、アメリカの天文学者であるクライド・トンボーによって発見された。 歪んだ楕円の公転軌道を描く。赤道半径は約1,185kmと、月より小さい。公転周期は250年程度。 2006年以前は太陽系第9惑星として認定されてきたが、冥王星と似たような星が幾つか発見されてきたので、太陽系外縁天体の準惑星となった。準惑星の中で日本名が付いてるのは冥王星だけである。本星に似たような特徴を持つ星を纏めて、冥王星型天体(冥王星型惑星)とも言う。

衛星にカロンなど5つがある。

関連項目[編集]

恒星太陽
惑星
地球型惑星
内惑星水星 - 金星
地球
外惑星火星
外惑星
木星型惑星木星 - 土星
天王星型惑星天王星 - 海王星
準惑星冥王星 - ケレス - エリス - マケマケ - ハウメア
小天体
小惑星小惑星帯 - 流星 - パラス - ベスタ - ヒギエアなど
彗星ハレー彗星 - シューメーカー・レヴィ第9彗星 - ベールホップ彗星 - ホームズ彗星 - パンスターズ彗星 - ラブジョイ彗星 - アイソン彗星など
太陽系外縁天体エッジワース・カイパーベルト天体セドナ - クワオアー - オルクスなど) - 内オールトの雲 - オールトの雲
衛星 - フォボス - ダイモス - ガリレオ衛星 - タイタン - エンケラドス - ミランダ - アリエル - トリトン - カロンなど
その他天体衝突 - プラネット・ナイン (推測の惑星) - ヘリオシース - ヘリオポーズ - バウショック