小惑星

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小惑星(しょうわくせい)とは、太陽系の主な惑星より小さく、惑星を回る衛星でなく、太陽を回る軌道を持ち、彗星ではなく、観測機のような人工物でもない天体のことである。太陽系にある小さな天体のことである。軌道上で発見され、その存在が認識されているものは一部だけである。多くは火星木星の間に帯のように集まっている。含まれる成分によってS型、C型などの種類に分けられ、初代の探査機・はやぶさがたどり着いたイトカワは主に岩石質の材料からなるS型である。りゅうぐうは生命に欠かせない水や炭素を含んだC型とされる。小惑星は始原天体ともいわれ、46億年前に太陽系が生まれたころの様子をとどめていると考えられている。

その他[編集]

通常は太陽系内のものを指す。他の恒星系にも存在し得るが、他の恒星系に属する小惑星は地球からの観測は不可能であり、存在は確認されていない。しかし、他の恒星系の惑星(系外惑星)は幾つか確認されている。

関連項目[編集]

恒星太陽
惑星
地球型惑星
内惑星水星 - 金星
地球
外惑星火星
外惑星
木星型惑星木星 - 土星
天王星型惑星天王星 - 海王星
準惑星冥王星 - ケレス - エリス - マケマケ - ハウメア
小天体
小惑星小惑星帯 - 流星 - パラス - ベスタ - ヒギエアなど
彗星ハレー彗星 - シューメーカー・レヴィ第9彗星 - ベールホップ彗星 - ホームズ彗星 - パンスターズ彗星 - ラブジョイ彗星 - アイソン彗星など
太陽系外縁天体エッジワース・カイパーベルト天体セドナ - クワオアー - オルクスなど) - 内オールトの雲 - オールトの雲
衛星 - フォボス - ダイモス - ガリレオ衛星 - タイタン - エンケラドス - ミランダ - アリエル - トリトン - カロンなど
その他天体衝突 - プラネット・ナイン (推測の惑星) - ヘリオシース - ヘリオポーズ - バウショック