小惑星帯

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

小惑星帯(しょうわくせいたい)とは、火星木星の軌道の間にある、小惑星が多く集まっている場所。

成因[編集]

かつては、一つの大きな惑星が壊れた跡だと考えられていたが、それにしては各々の小惑星の性質が違いすぎることが分かった。現在は、ここだけ偶然微惑星から成長しきれずに残ったものだと考えられている。

軌道[編集]

小惑星帯全体に満遍なく分布しているのではなく、偏りがある。ほとんどの小惑星は火星よりの軌道長半径2天文単位から3.3天文単位のところに集中している。中でも、軌道長半径2.4天文単位、2.6天文単位、3.2天文単位のところに多く存在する。一方で、木星の重力の影響で、軌道長半径2.5天文単位、2.9天文単位のところには小惑星が少なく、カークウッドの間隙と呼ばれる。この他、火星や木星のトロヤ群小惑星も分布している。

密度[編集]

小惑星帯には100万個以上の小惑星が存在すると考えられているが、最大のケレスでも直径1000kmほどで、ほとんどは100kmに満たないので、密度は意外に低い。ほとんどは最寄りの現在発見されている小惑星まで、地球の距離以上離れている。平均500万kmで、大きさが平均100kmとしても、「サッカーボールが上野公園の北端と南端に一つずつある」くらいの密度なので、木星より先に向かう探査機が、小惑星帯で小惑星に衝突して壊れたことはない。

関連項目[編集]

恒星太陽
惑星
地球型惑星
内惑星水星 - 金星
地球
外惑星火星
外惑星
木星型惑星木星 - 土星
天王星型惑星天王星 - 海王星
準惑星冥王星 - ケレス - エリス - マケマケ - ハウメア
小天体
小惑星小惑星帯 - 流星 - パラス - ベスタ - ヒギエアなど
彗星ハレー彗星 - シューメーカー・レヴィ第9彗星 - ベールホップ彗星 - ホームズ彗星 - パンスターズ彗星 - ラブジョイ彗星 - アイソン彗星など
太陽系外縁天体エッジワース・カイパーベルト天体セドナ - クワオアー - オルクスなど) - 内オールトの雲 - オールトの雲
衛星 - フォボス - ダイモス - ガリレオ衛星 - タイタン - エンケラドス - ミランダ - アリエル - トリトン - カロンなど
その他天体衝突 - プラネット・ナイン (推測の惑星) - ヘリオシース - ヘリオポーズ - バウショック