水星

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

水星(すいせい、英:Mercury)は、太陽系にある惑星の1つで、太陽に最も近い公転軌道を周回している。このため肉眼で確認するのは結構困難である。太陽系惑星の中で大きさ質量ともに最小のものである。

概要[編集]

太陽系の惑星の中では最も小さい。木星の衛星であるガニメデのほうが大きく、長男の息子が末っ子より年上のような状態である。水星の直径は地球の1/3程度しかなく、質量も1/81程度。 見かけの明るさはマイナス等級まで明るくなることもある。しかし、太陽のすぐ近くを公転しているため時期によっては天体望遠鏡でも観測が困難である。(太陽の光が観測を妨害するため)

アメリカが探査機を打ち上げ水星表面を観測したりしているが詳細は分かっていない。太陽の近くを公転しているので当然表面温度は非常に高い。また、小さくて軽い惑星なので大気も人間が住めるほど十分に有るわけでは無い。[1]

関連項目[編集]

  1. と言うかほぼ皆無。