天体衝突

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア天体衝突の項目があります。

天体衝突(てんたいしょうとつ)とは、宇宙空間で2つの天体が衝突することである。

概要[編集]

一般には、小惑星彗星などが地球に衝突することを指す。人工衛星宇宙ステーションなどの人工天体が地球に落下することや、人工衛星や宇宙ステーションに小惑星などが衝突することも天体衝突である。

天体は速度が大きく、地球に落下する場合は重力による加速もあり、衝突のエネルギーは原水爆を上回る場合がある。

2013年にロシアに落下した隕石(チェリャビンスク州隕石落下)は直径約17m、質量70万トン、時速6万8千キロで大気圏突入し、地表に激突した場合の威力は広島型原爆30発分以上(500キロトン)と見積もられている。

1この巨大隕石は高空で爆発したことで被害が軽微に抑えられた。しかし地上に到達した衝撃波により地表に物的損害と千人を超える負傷者が出ている。
2仮に地上に落下した場合、直接死者は数百万人から数千万人で大都市消滅規模、被害の影響は(地表から巻き上げられた土砂が宇宙空間に到達、衛星軌道上を周回する日光を遮る分厚い雲となることで氷河期状態になり)数十年から数百年継続、隕石落下による農作物などへの影響で数億人が餓死する可能性があった。同様に大気圏に達した火山灰の影響で全地球規模で冷害を引き起こし多数の餓死者を出した前例として宝永大噴火富士山)がある。

地球に衝突しなかった例[編集]

  • 1994年 - シューメーカー・レヴィー第9彗星の木星への衝突が観測されたが、地球への影響は無かった。
  • 1910年 - ハレー彗星が地球に衝突すると言われていたがハレー彗星は地球の近くを通過しただけで被害はなかった。

地球や地球の大気に衝突した例[編集]

  • 原始地球に隕石がぶつかったショックで地球の一部が分裂、地球から引き千切られた岩石が月になったという説がある。

詳細は「ジャイアントインパクト説」を参照

動画[編集]

YouTube 動画リンク

対策[編集]

アメリカ式[編集]

  • 映画「メテオ」のように、地球に接近する天体を核兵器で破壊する。
  • 映画「ディープ・インパクト」のように、核兵器と避難を併用する。
  • 映画「アルマゲドン」のように、核兵器と、神への祈りを併用する。
  • ロケットや観測機などを故意に衝突させて小惑星のコースを変える。
  • 小惑星にロケットエンジンを取り付けてコースを変える。

日本式[編集]

  • アニメ「君の名は。」のように衝突を食い止めるのではなく、落下が予想される場所から避難する。

アラビア式[編集]

ユダヤ式[編集]

  • 入り口に子羊の血を塗って災いが過ぎ去るのを待つ。或いは、神の子を殺した罪を悔い改める。

海に落下する場合[編集]

  • 核シェルターや地下室に隠れる方法は必ずしも正しいとは言えない。地球は陸よりも海の方が多く、天体は陸よりも海に落ちる可能性が高い。海に落ちた場合、内陸部に及ぶ程の大津波の発生が予想される。核シェルターや地下室に隠れると、場合によっては自殺行為となる。
  • 海に落ちる場合は、山や高台、屋上などに逃げた方が生き残れる可能性が高い。
  • ディープ・インパクトでは巨大津波が発生したが、主人公の少年はバイクに彼女を乗せて山の上に逃げて生き延びた。

YouTube 動画リンク

衝突の破壊力[編集]

衝突の破壊力は重量に比例する。更に速度の二乗に比例する。重量が二倍になれば衝突による破壊力は二倍になり、速度が二倍になれば破壊力は四倍になる。

重量が三倍の天体が、二倍の速度で衝突した場合、破壊力は十二倍になる。

関連項目[編集]

天体衝突を描いた作品[編集]

天体衝突関連の映画は大ヒットする傾向がある。