金星

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

金星(きんせい、Venus ヴィーナス)は、太陽系で太陽に2番目に近い惑星。また、地球に最も近い公転軌道を持つ惑星。

概要[編集]

岩石で出来ておりいわゆる地球型惑星である。太陽系内で大きさと平均密度が最も地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。地球より内側を回っているので、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月についで明るく見える星であることから「明けの明星」「宵の明星」と呼ばれている。

2015年12月に日本が打ち上げた金星探査衛星「あかつき」により、今まで明らかになっていなかった金星の全貌が判明することが期待されている。

発見から40年ほど経過しているが、金星では全球的に非常に速い風が吹いている。その速度は、高度60kmでは風速は100m/s程、自転速度の60倍にも達する。この風を「スーパーローテーション[1]」と呼んでいるがこの風が発生するメカニズムはまだ解明されていない。

脚注[編集]

  1. AKB48の大島優子が初センターを務めた楽曲は「ヘビーローテーション」である。

関連項目[編集]