ナチス

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論はノートページで行われています。
この記事の主執筆者です。

ナチスとは、国家社会主義ドイツ労働者党というドイツの政党で、党首はアドルフ・ヒトラーである。ナチス政権下のドイツナチス・ドイツという。

概要[編集]

  • どん底にあったドイツ経済を立て直した。
  • 労働者の待遇を向上させ、国民から強く支持された。 
  • 巧みな演説や音楽、照明、ラジオを駆使した演出によって国民を熱狂させた。
  • 科学技術の発展に尽力した。ジェット機、ミサイル、アサルトライフル、ホルクスワーゲン、サリンなどは、ナチスの技術者が開発したものである。
  • アメリカは第二次大戦中に原爆を完成させたが、ナチスドイツは水爆を開発中であった。
  • アメリカが開発した小型の軍用車ジープはパートタイム式四輪駆動車であった。ナチスが開発した小型の軍用車キューベルワーゲンはLSDを装備していた。
  • ドイツで開発されたものではないが、ドイツのエニグマ暗号を解読するためにイギリスが開発した装置は、コンピューターの原型となったものである。
  • 自然保護や動物愛護に尽力した。
  • 健康のため国民に禁煙を呼び掛けたのもナチスが最初である。
  • 軍事力にものを言わせて領土を拡大していったが、敵を増やし過ぎて敗北を招いた。

歴史[編集]

  • 1919年、ドイツ労働者党が成立。
  • 1920年に党名をドイツ労働者党から国家社会主義ドイツ労働者党に改名した。
  • 1939年、独ソ不可侵条約締結。
  • 1939年、ポーランド侵攻。第二次大戦が始まる。
  • 1940年、日独伊三国同盟が成立。
  • 1941年、日ソ不可侵条約締結。
  • 1941年、ソ連に侵攻(バルバロッサ作戦)。
  • 1941年、日本がアメリカに宣戦布告。アメリカ参戦。
  • 1945年、ドイツ降伏に伴い実質的に解散。

ナチスの誤算[編集]

  • ヒトラーは当初からソ連に侵攻するつもりであり、独ソ不可侵条約はソ連を油断させて騙し討ちにするための偽装工作であったのだが、日本がドイツに倣って日ソ不可侵条約を締結してしまい、日本が糞真面目に日ソ不可侵条約を守ったために、日本と共同でソ連を挟み撃ちにすることが出来なくなった。その結果、ソ連は軍事力を対独戦に集中的に投入することが可能となった。
  • ドイツ人はロシア人を劣等民族と見なして見くびっていたが、予想外の猛反撃を受ける。
  • ソ連の兵器は平均してドイツの兵器よりも劣っていたが、戦車だけはドイツを凌駕していた。
  • ソ連の寒冷な気候はドイツ軍を苦しめた。
  • ソ連の領土はあまりにも広大であった。
  • 敵を増やしすぎた結果、戦力を分散させざるを得なくなり、一つの敵国との戦闘に軍事力を集中させることが困難となった。
  • 同盟国の日本がアメリカに宣戦布告したため、ドイツは米ソ両大国を敵に回すことになる。
  • イギリスは強力な海軍を有しており、ドイツは海軍力ではイギリスに歯が立たなかった。
  • 強敵イギリスは、ポーランドやフランスと違って陸続きではなく、陸軍が総攻撃を仕掛けることができなかった。
  • 同盟国のイタリアはドイツの足を引っ張ることになる。
  • ドイツは科学技術は優れていたが、武器を大量生産する工業力ではアメリカに及ばなかった。
  • ドイツの戦闘機は航続距離が短く、遠方を攻撃できなかった。或いは遠方を攻撃する爆撃機を護衛することができなかった。
  • エニグマ暗号を敵に解読されてしまい、暗号による通信は敵に筒抜けになっていた。
  • ロケット兵器の開発に予算や人員を使いすぎて、他の兵器の生産に支障をきたした。ナチスのロケット兵器の研究は戦後の宇宙開発やミサイルの開発に多大な貢献をすることになったが、ナチスにもたらした戦果は微々たるものであった。

もし[編集]

  • もし、ヒトラーがソ連に手を出さなかったら、ドイツは国力を維持できたかも知れない。
  • もし、同盟国の日本がアメリカの挑発に乗らなかったら、アメリカを敵に回さずに済んだはずである。
  • もし、日本がアメリカではなくソ連を攻撃していたら、ドイツはソ連に勝てたかも知れない。
  • もし、ドイツにゼロ戦があったら、その優れた航続距離によって、全ヨーロッパの制空権を確保できたに違いない。
  • もし、日本海軍と共同でイギリス本土を攻撃していたら、イギリスを負かすこともできたかも知れない。

その他[編集]

この節の内容には独自研究(恐らく事実ではない個人の勝手な思い込み)がたっぷり含まれています。

ナチスの将兵は外国を占領した場合でも、略奪や婦女暴行を行う者は殆ど居なかったという。

フランスでは、フランスを占領していたドイツの将兵による犯罪は殆ど起こらなかったが、その後フランスを解放したアメリカの将兵による犯罪が多発したという。

動画[編集]

関連項目[編集]

ナチス喫茶

杉原幸子