杉原幸子

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
杉原幸子
1942年撮影

杉原 幸子(すぎはら ゆきこ、1913年 - 2008年10月8日[1])とは、外交官夫人である。杉原千畝の妻。

人物[編集]

旧姓は菊池。父親が学校長(香川県立志度商業学校、現香川県立志度高等学校)をしていた関係で香川県に住んでいた。昭和十年、13歳年上の杉原千畝から『「あなたなら外国に連れて行っても恥ずかしくない」』[引用 1][2][3]と言われて結婚。

杉原千畝とフィンランドの日本公使館に滞在中、作曲家のシベリウスからサイン入りのレコードを貰う[4]。その後、千畝のリトアニアへの転勤に同行[5]

杉原千畝がリトアニアでユダヤ難民にビザを発給したときには、在カウナス大日本帝国領事館に住んでいた[6]

ルーマニアの日本公使館に滞在中、首都ブカレストからボヤナブラショフに疎開する。ブカレストに置き忘れたシベリウスのサイン入りのレコードを千畝に内緒で運転手とブカレストに取りに行ったとき車が故障、運転手と車を残してドイツ軍の車に乗せてもらうが戦闘に巻き込まれる[7]

杉原幸子はユダヤ難民へのビザ発給には直接関与していないが夫人の視点から見た杉原千畝の伝記「六千人の命のビザ」の著者である[8]

日本語とロシア語とドイツ語を話す[9]。ロシア正教の洗礼を受けている[10]

六千人の命のビザ[編集]

杉原幸子の著書で、杉原千畝の伝記としては最も正確なものと考えられる。杉原千畝のことがドラマや映画になる度に、余計なことが付け加えられていくのは残念なことである。

この本はユダヤ人が期待するような親ユダヤ反ナチスの本ではない。内容は意外なほど親ドイツ的である。という説もあるが、手記の中ではデューラーのような個々のドイツ人に対しては反ナチス的な感情は持っていないが、ナチス全体に対しては白バラ運動の指導者が死刑になった件等、反ナチスの立場で記述されている[11][12]。あくまでも戦争は国家と国家の紛争であり、個々人の憎しみから殺し合うものでは無いことの証左である。

杉原千畝がケーニヒスベルクで領事をしていたときにはヒトラーユーゲントが挨拶に来て息子たちと遊んでくれたことや鯉のぼりを立てたらドイツで新聞報道されたことなども書かれている[13]

ルーマニアで疎開先のボヤナブラショフからブカレストに向かう途中で車が故障したとき、親切なドイツ兵が軍用車に乗せてくれたことなども書かれている[7]

杉原幸子は、ドイツ軍の車に乗せてもらったものの、そのまま敵の攻撃を避けるためにドイツ軍と共に森に隠れる。間もなく戦闘が始まるというときも、ドイツ軍と一緒にいると少しも恐怖を感じなかったという。戦闘になり、その際にデューラーという名のドイツ空軍の将校が、自分の体を盾にして杉原幸子を敵の攻撃から守り戦死したこと、杉原幸子は、そのナチスの将校を命の恩人として感謝し続けていることなども書かれている[14]。尚、デューラーの遺体が他の将兵の遺体とともに戦友たちによってルーマニアの森に葬られるときに、デューラーの軍服から取り外してきた襟章を杉原幸子は日本に持ち帰って保管しており[15]、この出来事が事実であることは間違いないと思われる。「将兵を満載したトラックやジープ」という表現があるが、ジープというのはアメリカクライスラーの商品名であり、杉原幸子の誤用で実際にはキューベルワーゲンであったと思われる[16]

ナチスの将校が自分の体を盾にして同盟国の外交官夫人を守り抜いたという事実[14]は、極端な反ナチス思想や、極端な親ユダヤ思想の持ち主にとって不愉快なことに違いない[ソース求む!]。彼らにとってナチスの将校は悪魔のような存在でなければ都合が悪いのである[ソース求む!]。杉原千畝のことが最初にドラマ化されたときにはデューラーは登場していたが、その後のドラマや映画には登場しなくなっている。

シベリアの収容所で[編集]

戦後、シベリアの収容所に入れられていたときには、近くの農民が収容所に売りに来る野菜を買うことが認められていたこともあり、杉原幸子は自分に支給された食料を、抑留されていた日本兵に与えていたという[17]

同じく抑留されていた者の中に、帰国を認められたにも関わらず「兵を残して帰国はできない」と言って収容所に残ったドイツの将校がおり、その人物はドイツの名門ホーエンツォレン伯爵であったという[18]

カウナスの日本領事館内からユダヤ難民を撮った写真が一枚残っている。それは、収容所で写真を全て没収されそうになったときに、杉原幸子が「子供が写っている写真は返して」と言って奪い返してきた写真の中に偶然、混入していたものである[19]

[編集]

六千人の命のビザには、杉原千畝がユダヤ難民がカナウス駅まで追いかけて来るとともにビザの発行を求めた。それに対して杉原は汽車が発車するまで身を乗り出し許可証を書き続けた。ユダヤ人難民達は最後は「バンザイ、ニッポン」と言って杉原家族一行を見送った[20]。杉原千畝のドラマや映画の中に、ユダヤ難民がビザを受け取るときに「バンザイ ニッポン」と言うシーンはない。あまりにも不自然で、そのようなシーンを挿入できないからである[ソース求む!]

息子が「日本は負けない」と言って石をぶつけられたと書かれている。外国に滞在する幼い子供が、現地の同年代の子供たちと遊ぶことは可能であろう[21]。しかし「日本は負けない」と何語で言ったのだろうか?これは嘘か、枢軸国の人間という理由でイジメに遭ったことを改竄したものと思われる[ソース求む!]。しかし、ルーマニアの公用語はルーマニア語であるがドイツ語も通じるのでドイツ語で喧嘩をしたと考えるのが妥当である[9]。また、幸子が子どもどうしの喧嘩の内容を理解出来ていたことからもドイツ語で話していたと考えるのが自然な流れである[9][22]

杉原幸子は著書の中で、杉原千畝がヤド・バシェム賞を受賞したことがマスコミにて報道され「感動した」といった内容の手紙や、外務省への怒りが書かれている手紙が多く寄せられたが、中には「サインが欲しいので送って欲しい」といった手紙や「国賊だ。許さない」という何か誤解している手紙もあったと書いている[23]

著書[編集]

単著[編集]

  • 杉原幸子 『白夜―歌集』 新星書房、1961年
  • 杉原幸子 『六千人の命のビザ―ひとりの日本人外交官がユダヤ人を救った』 朝日ソノラマ1990年6月。ISBN 978-4257032915
  • 杉原幸子 『新版 六千人の命のビザ』 大正出版1994年3月。ISBN 978-4811703077
  • 杉原幸子 『白夜―歌集』 大正出版、1995年9月。ISBN 978-4811720012

共著[編集]

監修[編集]

家族[編集]

脚注[編集]

引用[編集]

  1. 『六千人の命のビザ・新版』杉原幸子著 p=56 9行目

出典等[編集]

  1. 1.0 1.1 JJ (2015年7月4日). “6000人の命を救った杉原千畝の妻と子供は今どうしているのか?”. INFO HACK. 2017年4月11日確認。
  2. 杉原 1994, p. 56.
  3. 白石仁章 2011, p. 62.
  4. 杉原 1994, p. 68.
  5. 杉原 1994, p. 70.
  6. 杉原 1994, p. 14.
  7. 7.0 7.1 杉原 1994, p. 197.
  8. 杉原 1994, p. 239.
  9. 9.0 9.1 9.2 杉原 1994, p. 119.
  10. 杉原 1994, p. 153.
  11. 杉原 1994, p. 82.
  12. 杉原 1994, p. 87-89.
  13. 杉原 1994, p. 81-82.
  14. 14.0 14.1 杉原 1994, p. 116.
  15. 杉原 1994, p. 115.
  16. 杉原 1994, p. 113.
  17. 杉原 1994, p. 140.
  18. 杉原 1994, p. 131.
  19. 杉原 1994, p. 137-138.
  20. 杉原 1994, p. 42.
  21. 杉原 1994, p. 123.
  22. 杉原 1994, p. 124.
  23. 杉原 1994, p. 177.
  24. 杉原弘樹さん(すぎはらひろき)”. 昭和ガイド. 2017年4月11日確認。
  25. 杉原千暁さん(すぎはらちあき)”. 昭和ガイド. 2017年4月11日確認。
  26. 杉原晴生さん(すぎはらはるき)”. 昭和ガイド. 2017年4月11日確認。
  27. 杉原伸生さん(すぎはらのぶき)”. 昭和ガイド. 2017年4月11日確認。
  28. 週刊新潮世界記憶遺産「杉原千畝」骨肉訴訟に勝った四男の独白新潮社2016年12月1日
  29. 杉原千弘さん(すぎはらちひろ)”. 昭和ガイド. 2017年4月11日確認。
  30. 杉原晴香さん(すぎはらはるか)”. 昭和ガイド. 2017年4月11日確認。
  31. 杉原織葉さん(すぎはらおりは)”. 昭和ガイド. 2017年4月11日確認。

参考文献[編集]

  • 杉原幸子 『六千人の命のビザ・新版』 杉原千畝記念財団設立事務局、1994年4月25日、第2版。ISBN 4-8117-0307-3
  • 白石仁章 『諜報の天才 杉原千畝』 新潮社〈新潮選書〉、2011年2月25日、初版。ISBN 978-4-10-603673-6