ゴールデンイエロー

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴールデンイエローのミヤコ様

ゴールデンイエロー (golden yellow) とは、こんな色)。ややみを帯びた黄色。オレンジ色と黄色の中間色。黄橙色金色の輝きを感じさせる黄色山吹色金色から金属光沢を取り除いた色でもある。暖色の一つ。「ゴールデン(golden)」とは、「金色の」「金色に輝く色の」「やや赤みがかった黄色を表す修飾語」を意味する。gold色相ではややみを帯びた黄色に当たるので、イエローにゴールドが掛かると赤みの方に片寄った黄色に限定される。日本語でいう山吹色黄橙色に通じる色名である。


ゴールデンイエローは1597年から用いられている色名で、宝飾品化粧品衣料品などに用いられている。

JIS慣用色名では、山吹色よりは黄色っぽさがちょっと落ちているため、色相ではオレンジ色に近い印象となっている。

ゴールデンイエロー (JIS慣用色名)

概要[編集]

ルネサンス時代聖人を表す光輪黄金の輝きに黄色が用いられ、16世紀頃には金色を感じさせる黄色をこの名で呼ぶようになった。

背景色・文字色の使用[編集]

span styleで背景色の変更
  • <span style="background-color:#FFB700;”>背景色はゴールデンイエロー</span>背景色はゴールデンイエローと表示される
文字色の変更
  • <span style="color:#FFB700">'''文字色はゴールデンイエロー'''</span>文字色はゴールデンイエローと表示される
背景色と文字色の組み合わせの変更
  • <span style="color:#FFB700;background-color:#000000;">'''背景色は黒×文字色はゴールデンイエロー'''</span>背景色は黒×文字色はゴールデンイエローと表示される

関連項目[編集]

外部リンク[編集]