アフリカ連合

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アフリカ連合(-れんごう)はアフリカ大陸の54か国が参加する国家共同体。本部はエチオピアにあり略称はAU

概要[編集]

2002年アフリカ統一機構を発展改組して創設された。欧州連合をモデルにした国家の共同体であり、政治経済などあらゆる分野で全アフリカの統合を目指し、紛争の予防と地域の平和の維持を掲げている。将来的にはEUのような国家連合に発展させることを目標としており、さらに一歩進んでアメリカのようなアフリカ合衆国を目指す構想もある。

組織[編集]

  • 総会 - 全加盟国が議論を行う最高機関。
  • 閣僚執行理事会 - 各国の外務大臣が年2回集まり政策の決定を行う。
  • 常駐代表者会 - 閣僚執行理事会に向けた調整を各国の大使が行う。
  • AU委員会 - AUの代表者たるAU委員長を中心とした言わば「内閣」のような機関。
  • 専門技術委員会 - 様々な分野について各国の担当大臣がプロジェクトを作成する。
  • 経済・社会・文化評議会 - 各分野の諮問機関。
  • 全アフリカ議会 - 各国から5名ずつ選出されている。
  • 平和安全保障理事会 - 地域の秩序を守り虐殺や紛争を防ぐための審議機関。アフリカ連合軍の派遣を決定する。
  • アフリカ人権裁判所 - 政府が行った人権弾圧を審理し、判決を下す機関。

将来的に金融機関や裁判所を設置する構想もある。

加盟国[編集]

スーダン共和国 ニジェール共和国 ケニア共和国
リビア国 ナイジェリア共和国 ウガンダ共和国
チュニジア共和国 チャド共和国 タンザニア連合共和国
アルジェリア民主人民共和国 中央アフリカ共和国 アンゴラ共和国
サハラ・アラブ民主共和国西サハラ カメルーン共和国 ナミビア共和国
モーリタニア・イスラーム共和国 赤道ギニア共和国 ボツワナ共和国
セネガル共和国 サントメ・プリンシペ民主共和国 マラウイ共和国
ガンビア共和国 ガボン共和国 ザンビア共和国
カーボベルデ共和国 コンゴ共和国 ジンバブエ共和国
ギニア共和国 コンゴ民主共和国 モザンビーク共和国
シエラレオネ共和国 ルワンダ共和国 スワジランド王国
リベリア共和国 レソト王国 ブルンジ共和国
コートジボワール共和国 エチオピア連邦民主共和国 南アフリカ共和国
ガーナ共和国 エリトリア国 コモロ連合
トーゴ共和国 ジブチ共和国 セーシェル共和国
ベナン共和国 ソマリア連邦共和国 モーリシャス共和国
ブルキナファソ 南スーダン共和国

加盟資格停止中の国

以下の国はクーデターなどで加盟資格を停止されている。

マダガスカル共和国 マリ共和国 ギニアビサウ共和国
エジプト・アラブ共和国

オブザーバー参加の国

関連項目[編集]