スペイン語

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スペイン語
基礎情報
話される場所スペイン南米
語族インド・ヨーロッパ語族
話者数約4億人
話者数の順位4
言語コード
ISO 639-1コードes
ISO 639-3コードspa

スペイン語 (Español ISO 639-1:es, ISO 639-3:spa) はインド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語。世界で4番目に話されている。

概要[編集]

スペイン語はスペインのみならず、中南米でも話される(発音・単語の違いなどは一部存在する)。ただし、中南米でもスペイン語を使用しない国は存在する。

また、スペインが「西班牙」と略されるため、スペイン語も「西語」と言われることがある。主に辞書等で「西日辞典」「日西辞典」などのように使用される。

ポルトガル語と同系で、ある程度の意思疎通は可能とされる。

文字[編集]

ラテン文字を使用する。また、アクセント記号、及びñ、ü(トレマ付きのu)が使用される。

なお、トレマ付きのuはスペイン語においてgui及びgueはそれぞれギ、ゲと発音されるため、グイ、及びグエと発音する際に使用される。

例) pingüino(ペンギン)⇒[pĩŋˈɡwino](ピングウィーノ)

文法[編集]

他のヨーロッパ系言語に多く見られるように、人称による動詞の活用がある。また、の区別も存在し、形容詞はかかる名詞の性とによって活用する。また、後置修飾。

名詞の複数形は英語に似て「-(e)s」をつけて作る。

例)manzana(リンゴ)⇒manzanas
animal(動物)⇒animales

単語[編集]

単語の例を挙げる。

出典[編集]