東アフリカ共同体

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東アフリカ共同体(ひがしアフリカきょうどうたい、East African Community)とは、東アフリカを中心に地域的統合を目指している組織である。通称EACタンザニアアルーシャに本部が設置されている。

概要[編集]

1999年11月30日ケニアタンザニアウガンダの三か国が、東アフリカ共同体創設のための条約(Treaty for the Establishment of the East African Community)が調印されて、設立される。2007年にはルワンダブルンジが加盟して、計5カ国になった。

大臣会議東アフリカ議会東アフリカ司法裁判所といった、立法・行政・司法機関を有しており、欧州連合(EU)のような連邦政府体制を目指している。

2005年に、関税同盟が発足し、域内の関税が段階的に撤廃される。2007年12月には、欧州連合との間で経済連携協定を締結。2010年には、域内関税の撤廃、対外共通関税の導入、域内共通の原産地規則の導入をしている。

組織[編集]

  • 5ヶ国首脳会議 - Summit
  • 事務局 - Secretariat
  • 大臣会議 - Council of Ministers(行政機関)
  • 東アフリカ議会 - East African Legislative Assembly(立法機関)
  • 東アフリカ裁判所 - East African Court of Justice(司法機関)

加盟国[編集]