ラジコン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラジコンとはラジオコントロールの略。

概要[編集]

電波を使った遠隔操縦。一口にラジコンと言ってもさまざまなジャンルがあり、分類方法も幾つかある。

ジャンル分けするとまず陸・海・空の3つ。あとトイラジとかホビラジとかいう分け方もある。

スケール (縮尺)で分類する方法もある。

[編集]

オフロードカーとオンロードカーに大別できる。タイヤではなくキャタピラを使う戦車はオフロードカーとは別物扱い。

即席爆発装置など人間が直接扱うには危険な物を処理するためにラジコン操作するロボットなんかもある[1]

オリンピックのやり投げ競技で投げ槍の運搬を務めた事もある[2]

「ロボット相撲」の競技ではラジコン型と自立型があるため[3]、ラジコンを自立型に改造するのは自然な流れだと思われる。

トイラジ
対象年齢6歳以上などの子供向けの玩具。「動くスケールモデル程度」という感じ。制御系やシャシー等はコストダウンのためか精度が甘い事が多い。
ホビラジ
レースする事を考慮に入れたホビー用ラジコン。足回りのセッティングを実車さながらに行えるタイプもある。軽くて強度のある優れた素材や、高度な制御系を組み込む事ができるタイプは高価になりやすい。

参考動画[編集]

  • 世界戦が開催される事もある「谷田部アリーナ」の紹介動画。
YouTube 動画リンク
  • 改造度が半端ないラジコン戦車。車載動画というかもうFPV。
  • 射撃が出来るよう改造された、タミヤの1/16の10式戦車。プロポはフタバの6Kでガンカメラは京商という組み合わせ。
YouTube 動画リンク

[編集]

ヨットとか市販されてる。戦艦のラジコンをスクラッチビルドする人も居たりする。電子機器は普通水気を嫌うので工作には気を使う気がする。潜水艦も一応ある。

ラジコン標的艦なるものもある。

参考動画[編集]

  • 「大和ミュージアム」での様子。
YouTube 動画リンク
  • かなり速いのもある。
YouTube 動画リンク

[編集]

ラジコンヘリは結構難しいイメージ。ドローンは結構楽なイメージ。空撮機とかもある。

フリッツXあたりが先駆けっぽい。RQ-1 プレデターあたりも有名。

参考動画[編集]

YouTube 動画リンク
  • 対空砲火の中をくぐり抜けるドローン。[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]
YouTube 動画リンク

ユーザー層[編集]

結構マニアックな人が多いような印象。ラジオコントロールシステムに詳しいのはもちろん、それを搭載する機体の挙動やメカニズム等にも詳しい人が多く、専門用語が結構出てくる。

他のゲーム類に見られるユーザー層と同じく、大体以下の2つに大別できる。

ガチ勢
レースする人に良く見られるタイプ。各種セッティングを突き詰めている。常に向上心があるというか、常により良い物、より良いパーツの組み合わせ等を検討しているような感じで、常に何か考えているタイプ。案外初心者には優しかったりする面もある。
エンジョイ勢
勝負にこだわるよりも楽しむ事に比重を置いているタイプ。

脚注[編集]

  1. ロボット、ドローンを生んだDARPA 未来を創造してきた頭脳集団(前編)”. ザ・リバティweb (2017年6月11日). 2019年2月16日確認。
  2. 2008年北京五輪でせっせと槍を運ぶ使い走りのラジコン君”. ギズモード・ジャパン (2008年8月26日). 2019年2月16日確認。
  3. ロボット相撲の世界大会、日本勢が席巻”. 日刊工業新聞社 (2018年12月19日). 2019年2月16日確認。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク