燃料電池車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア燃料電池車の項目があります。

燃料電池車(ねんりょうでんちしゃ、FCV)とは、タンクに充填した水素酸素を反応させて電気を作り、モーターを回して走行する自動車のことである。モーターはエンジンの代わりになるものである。出すのは水蒸気だけで、二酸化炭素など有害ガスを全く排出しない[注 1]。電気自動車に比べ、充填時間がガソリンと同じ時間で短く、走行距離の長さが約500km長いと期待されている。2019年2月現在、トヨタ自動車MIRAIを、ホンダクラリティ・フューエルセルをそれぞれ市販している。バスフォークリフトも実用化されており、電気自動車(EV)と比べて車両価格が割高で水素を補給する水素ステーションの整備も不十分なため、現在のところは十分に普及していない。でも、運良く2020年の終わりに近い頃から、政府が、「これからの車は、ガソリン車の販売を法律で禁じる。どうしてもガソリン車をゼロにしなければならない。」というニュースを打ち出した。

排出するのは水だけのため、同様に二酸化炭素を排出しない電気自動車に比べて水素が満タンの状態からの走行距離が長く、補給にかかる時間が短いという強みが存在する。ただし可燃性の水素を安全に取り扱うには高度な技術力が求められる上に、水素の流通網を新たに整備する必要があるなど、課題も多く存在する。

メリットは、万が一交通事故が起きても、水素タンクが漏れ出した時に車両火災が起きることが無い(理由:ガソリンが不要)。

車種 (サンプル)[編集]

  • トヨタ:FCHV-adv
  • 日産:X-TRAIL FCV
トヨタ・FCHV-adv

脚注[編集]

  1. なお、異常液体であるDHMOが発生するため、そこには注意すること。[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]