天然ガス自動車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天然ガス自動車(てんねんガスじどうしゃ)とは、圧縮した天然ガスを燃料としたエンジンを動かして走行する自動車。NGVと略称される。「CNG」とも書かれる。黒煙や硫黄酸化物を全く排出せず、二酸化炭素、窒素酸化物の排出量はかなり少ない。充填時間はガソリン車と同じく短い。騒音や振動がガソリン車に比べて少なく、とても静か。万が一真夜中に走っても迷惑にはならない。天然ガスは、家庭へ送られている都市ガスの原料である。天然ガス自動車は、環境対策として、バス、トラック、タクシーに使われている。天然ガス自動車用のガスステーションは「天然ガスステーション」「エコステーション」と呼ばれている。

天然ガスは、古代の動植物が土中に堆積して生成された無色透明の可燃性ガス、もしくは家庭コンロなどに使われている、クリーンなエネルギーである。

ガソリン車に比べて安全性も優れている。万が一交通事故が起きても、燃料配管、ガス容器が折れたりすることが無く、車両火災が起きにくい。

外部リンク[編集]