地球温暖化

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが地球温暖化の項目をおカタく解説しています。

地球温暖化(ちきゅうおんだんか、:Global warming)とは、地球気温が上昇する事。

概要[編集]

火山噴火や産業化に伴い、二酸化炭素など温室効果ガスの大気中濃度が増加し、地球の平均気温が年々上昇している現象の事。大気中における酸素などの割合も少しずつ減少してると考える人もいる。

沿革[編集]

地球が誕生して間もない頃の約40億年前の冥王代、隕石の衝突により地殻が破壊され、蒸発した水蒸気二酸化炭素により、温暖化現象でさらに地球の温度が上がり、地表が溶け、マグマオーシャンとなった。やがて水蒸気が冷えて雨となり、地球は冷えていった。金星はこれがうまくいかなかった。時代は下り、氷河期が続き、地球は全球凍結した。しかし、火山活動による二酸化炭素濃度上昇による温暖化現象により、全球凍結を脱した。

地球の内部の熱(地熱)は、大気中の温室効果ガスの影響を受けて上昇する訳ではない。

原因[編集]

近年の地球温暖化は、人間の社会活動により排出される二酸化炭素等の温室効果ガスの増加が主因とされている。

上記の通り、産業化に伴い、多くの電力を消費するようになった。そこで効率的な発電方法である火力発電所が増えた。この火力発電は化石燃料を燃焼させて熱と二酸化炭素を排出するため、地球温暖化の原因となっている。

地球環境への影響[編集]

南極の氷が溶ける事による海面上昇により海抜の低い地域が水没する恐れがある。感染症拡大、凶作の原因となる。

旱魃や巨大台風などの自然災害の発生頻度が上昇したり、食料が腐り、異常気象による食糧不足につながる恐れもある。

気温が上昇すると大気中の水蒸気量が増加し、1度に多くの雨が降るようになるとされ、気象庁によると日本の平均気温は既に上昇傾向にあり、二酸化炭素など温室効果ガスの排出を強力に抑制できない場合、21世紀末には20世紀末に比べて全国平均で4.5度上昇する見込みであるとされる。また猛暑日が増加し、1日に200ミリ以上の大雨の年間発生回数が倍増すると予測されている。最終的には自然環境が人間の存続に適さなくなり、いつかは人類や食料を絶やしてしまうことになるという予想もある。

グレタ・トゥーンベリさんのような活動家が現れたり、クマの出没が増えたりもする[1]

このままだと金星のような環境になってしまう、と危惧する声もあるとか。[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。] 一応、原始地球の大気は金星と同じような組成だったという説はありますが。

対策[編集]

地球の未来[編集]

  • 太陽光度は年々上昇し、二酸化炭素が減少して植物の光合成が不可能な濃度に減少する。すると植物に依存してきた動物が絶滅し、一部の単細胞生物のみが生き残る。がすべて蒸発して大気中に水蒸気が存在し、火山活動による二酸化炭素濃度上昇による温暖化が暴走し、単細胞生物をも絶滅させ、さらに太陽光度の上昇により地球の大気は宇宙空間に逃げ、地球は再びマグマオーシャンの状態となる。
  • 太陽光度が上昇すると植物の光合成の効率が向上するので二酸化炭素が減少するが、植物の光合成が不可能な濃度まで二酸化炭素濃度が減少すると地球温暖化が解消される。植物も呼吸で二酸化炭素を排出するので植物は絶滅する気がしない、という意見もある。
  • 二酸化炭素濃度が低くなっても太陽光度が上昇するので地球温暖化は止まりません。植物の排出する二酸化炭素は光合成によって使用される二酸化炭素よりも少ないのです[2]むしろ、海洋の消滅による大気中の水蒸気濃度が高まり、暴走温室効果が発生します。

火星環境への影響[編集]

地球人による環境破壊により、温室効果ガスの大気中濃度が増加し、火星の平均気温が年々上昇している。[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]