大八車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが大八車の項目をおカタく解説しています。

大八車(だいはちぐるま)とは江戸時代から太平洋戦争後間もなくまで日本国内で製造された二輪の木製荷車である。

名称[編集]

8人分の仕事をすることから、あるいは発明した人の名前から、さらに、初めて作られたところの地名など、様々な説があるが、定かではない。

概要[編集]

木製の台枠の下に木製の車軸があり、木製のスポークのついた車輪がある。また、平軸受けで定期的な注油が必要である。このため、転がり抵抗が大きく、未舗装道路での使用には大きな力が必要である。台枠には柵がないので荷崩れしないよう、縄でしっかり荷造りする必要がある。

歴史[編集]

江戸時代に考案されたが、大きい町の中だけしか使用が認められなかった。それ以外のところでは使用が許可がされず、それ以前に使用に耐えうる道路がなかった。明治時代に入ると各地で使用が解禁され、使用に耐えうる道路も次々建設された。 1950年代まで鉄道駅にも常駐し、運送会社でも使われたが[1]、値段が高い、重心が高い、木製でメンテナンスが高価といった理由で現在はリヤカーに置き換えられた。車輪をゴムタイヤに置き換えたものはさらに後年まで使われた[2]。現在はほとんど使われていないが、時代劇や、戦前の世の中を描いたドラマでは欠かすことの出来ない脇役である。

短所[編集]

リヤカーと異なり、車軸の上に台枠があるので重心が高く、バランスが悪い。荷物を載せるときは前後のバランスを考えて荷物を積み、荒縄で固定する必要がある。また、平軸受けでサスペンションがないことから、転がり抵抗・騒音・振動が激しく、引き出すのに大きな力が必要であり、荷痛みが発生することもある。さらに

保存車[編集]

貨物鉄道博物館(三岐鉄道)[3]

関連項目[編集]

テンプレート:Commonscat

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

貨物鉄道博物館

その他[編集]

日本全国各地で記されている郷土史、鉄道会社の社史の、昭和初期までの写真には大八車が掲載されていることが多い。

脚注[編集]

  1. 高岡市史
  2. 『昭和の終着駅北陸・信越編』pp68、pp69。交通新聞社
  3. 1949年