赤松常子

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤松 常子(あかまつ つねこ、1897年8月11日 - 1965年7月21日)は、労働運動家、社会運動家、政治家。参議院議員(3期)。

経歴[編集]

山口県都濃郡徳山村(現・周南市)の浄土真宗本願寺派徳応寺に生まれた[1]。両親が運営していた孤児院や刑余者のための宿泊所を手伝う。1918年に兄・赤松克麿の勧めで京都女子専門学校(現・京都女子大学)国文科に入学。在学中、賀川豊彦の貧民救済活動を手伝う[2]。1921年に労働運動に加わるため京都女子専門学校を中退[2][3]。この前後に大阪の煙草専売局や製紙工場で工員として働く[3][4]。1923年8月に本格的に労働運動に取り組むため上京するが、まもなく関東大震災が起き、賀川豊彦の被災者救済活動を手伝う[2]

1925年に日本労働総同盟(総同盟)と連絡を取り、岡部鉄工所消費組合の店番に就職。総同盟婦人部に入り、1926年に総同盟本部書記、1927年10月に総同盟婦人部機関誌『労働婦人』編集主任[3]、1934年に総同盟婦人部長となった[2]。この間、1927年から1940年にかけて、野田醤油争議山一林組争議(1927年)、東京モスリン金町工場争議(1935年)など総同盟が関係したほとんどの女子労働者の争議を指導した[3]

1926年12月に総同盟が中心となって結成した社会民衆党に参加[1]。1927年11月に赤松明子(兄・克麿の妻)らと社民党系の社会婦人同盟を結成[5]。1928年に赤松明子、阿部静枝らと社民党系の社会民衆婦人同盟を結成し[1][3]、婦人参政権獲得運動や母子扶助法制定運動などにも取り組む。1940年7月に総同盟は解散に追い込まれ、11月に大日本産業報国会が創立。1941年2月にパイロット万年筆の教育係に就職し、3月に大日本産業報国会生活指導部に参加した[2]

敗戦後の1945年8月に市川房枝山高しげりらと戦後対策婦人委員会を結成[3]。同年11月に日本社会党の結成に参加、婦人部長。1946年7月に全国繊維産業労働組合同盟(全繊同盟)の結成に参加。同年8月に日本労働組合総同盟(総同盟)の結成に参加、婦人部長。1947年4月の第1回参議院議員通常選挙に社会党公認で全国区から立候補し、婦人当選者中最高得票(25万2369票)で当選[2]。1948年芦田内閣厚生政務次官。1950年参議院社会労働委員長。1953年4月の第3回参議院議員通常選挙右派社会党公認)、1959年6月の第5回参議院議員通常選挙でも連続3期当選[4]。この間、1947年佐野学主宰の日本政治研究所(のち日本政治経済研究所)理事[6]。1948年全繊繊同盟婦人部長[3]。世界連邦建設同盟(現・世界連邦運動協会)の結成に参加、副会長[7]。1950年社会党中央執行委員・婦人部長[3]、全繊同盟副会長[4]。1951年2月婦人労働協会初代会長[8]。同年12月民主社会主義連盟(民社連)の結成に参加[6]、評議員[9]。1956年全繊同盟顧問[3]

1960年1月の民主社会党(のちの民社党)の結成に参加、顧問[3]。1961年4月日本婦人教室の会(のち日本民主婦人の会)初代会長[8]。1965年7月に伊豆韮山の温泉で死去、67歳[7]。翌年の一周忌に全繊同盟、民社党、世界連邦建設同盟、日本民主婦人の会の4団体が赤松常子顕彰会を結成し、1971年に赤松賞を制定した。現在はUAゼンセン民社協会、世界連邦運動協会の3団体で運営している[10]

親族[編集]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 メールレポート 「友愛労働歴史館たより」 第80号・2014.05.08Icons-mini-file acrobat.gif PDF 日本労働会館
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 堀川祐里「戦時期の女性労働者動員政策と産業報国会 : 赤松常子の思想に着目して」『大原社会問題研究所雑誌』715巻、2018年5月
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.8 3.9 塩田庄兵衛編集代表『日本社会運動人名辞典』青木書店、1979年、9-10頁
  4. 4.0 4.1 4.2 20世紀日本人名事典の解説 コトバンク
  5. 井上輝子、上野千鶴子、江原由美子、大沢真理、加納実紀代編集『岩波女性学事典』岩波書店、2002年
  6. 6.0 6.1 福家崇洋「一国社会主義から民主社会主義へ : 佐野学・鍋山貞親の戦時と戦後」『文明構造論』Vol.9、2013年10月
  7. 7.0 7.1 赤松賞 UAゼンセン
  8. 8.0 8.1 法政大学大原社会問題研究所編『新版 社会・労働運動大年表』労働旬報社、1995年
  9. 日本労働年鑑 第25集 1953年版Icons-mini-file acrobat.gif PDF 法政大学大原社会問題研究所
  10. 赤松賞の監査に行きました(6/15) 及川妙子の元気日記(2020年6月18日)
  11. 11.0 11.1 菊池暁「赤松智城論ノオト : 徳応寺所蔵資料を中心に」『人文學報』第94号、京都大学人文科学研究所、2007年2月
  12. 赤松明子(あかまつ あきこ)とは コトバンク

関連文献[編集]

  • 『道絶えず――赤松常子,その人とあしあと』赤松常子顕彰会、1966年
  • 赤松常子編集委員会、大門出版編集制作『雑草のようにたくましく――赤松常子の足あと』赤松常子顕彰会、1977年

外部リンク[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦コトバンク