日本国有鉄道の車両

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
内容の統合に関する意見が出されています。
議論は「トークページ」で行われています。
Quill-Nuvola.png 加筆依頼
この記事は加筆依頼に出されています。
特に、日本国有鉄道の車両全般に関する加筆が求められています。
あなたの清き一筆で明るい未来を!
→それなりに加筆されたらこのテンプレートをはがし、加筆依頼からも削除してください。

日本国有鉄道の車両とは日本国有鉄道が所有していた鉄道車両である。なお、本稿では日本国有鉄道に営業用、事業用として車籍があった鉄道車両だけに限る。事業用の自動車車籍のない機械大八車リヤカー自転車は扱わない。

概要[編集]

明治時代に外国から輸入した車両から、国鉄分割民営化直前に製造されたものまで様々な形式がある。機器などが徹底的に標準化され、北海道を除く日本全国で運用できるようにされ、北海道にも耐寒耐雪装備を行った上で運用できるようにした。このため、全国転配が広く行われ、また、運用も広大であった。陳腐化した車両を地方民鉄に売却して地方民鉄の近代化に貢献することもあった。また、国鉄モハ63系電車南海電気鉄道の、サハ4801、国鉄キハ55系気動車類似車のように大手私鉄の車両に影響を与えることもあった。冷房化改造、近代化改装、機器更新を行った車両もあるが、両数が多いためにすべてに行われることもなかった。

戦前は、都市部を除いて電化も進んでおらず、蒸気機関車が客車を牽引するスタイルが主流であった。戦後になると、気動車(ディーゼルカー)が普及するとともに、電化の進展により電車も数が増えていき、動力集中形式は急速に姿を消していった。1958年には、特急用の電車である151系が登場し、1964年に新幹線用車両として登場した0系も電車として投入され、以降電車による高速列車が増えていった。

鉄道車両形式[編集]

国鉄の鉄道車両形式」を参照

その他[編集]

脚注[編集]