徳川秀忠

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア徳川秀忠の項目があります。

徳川秀忠(とくがわ ひでただ、1579年5月2日 - 1632年3月14日没)は、第2代征夷大将軍。徳川家康の三男。

1579年5月2日(天正7年4月7日)遠江国浜松で誕生する。誕生時は長松だったが、竹千代と改名する。10歳の時、豊臣秀吉より、秀忠の名前を授けられる。 1605年、征夷大将軍に任じられる。以後、将軍として江戸城で政治を行うが、1616年に父の徳川家康が亡くなるまで大御所である家康との二元政治となっていた。

1632年3月14日(寛永9年1月24日)に薨去した。享年54歳。

1615年、秀忠は徳川幕府の基本法令である武家諸法度禁中並公家諸法度諸宗寺院法度の公布を発表した。伏見城に諸大名を集め、金地院崇伝に武家諸法度13か条を読ませ、平伏する諸大名に聞かせた。

寛永9年2月10日(1632年3月30日)、贈正一位


脚注[編集]

関連項目[編集]