真田昌幸

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真田 昌幸(さなだ まさゆき、天文16年[1]1547年) - 慶長16年6月4日[1]1611年7月13日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名。幼名・通称は源五郎・喜兵衛尉[1]。受領名は安房[1]。父は真田幸綱。兄は信綱昌輝

生涯[編集]

武田信玄に重用されて信玄の生母・大井夫人の一族である武藤氏養子になる。天正3年(1575年)5月の長篠の戦いで兄が戦死したため、真田家に復して家督を継いだ。11月に上野国上野白井城代となる。天正8年(1580年)からは岩櫃城に在城し、吾妻郡の国衆統括を担った。同年の沼田城攻めでは中心的役割を果たし、沼田落城後は同城の城代を担当した。天正9年(1581年)に武田勝頼新府城を築城する際には普請奉行を務めた。天正10年(1582年)の織田信長による武田征伐では勝頼に岩櫃城に落ち延びることを勧めたが容れられなかった。

関連作品[編集]

小説
テレビドラマ
人形劇ドラマ
映画
漫画
ゲーム

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 柴辻俊六・平山優 『武田勝頼のすべて』新人物往来社、2007年、P228

参考文献[編集]

  • 柴辻俊六平山優 『武田勝頼のすべて』(新人物往来社、2007年) ISBN 978-4-404-03424-3

外部リンク[編集]