北九州市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きたきゅうしゅうし
北九州市
日本国旗.png日本
地方九州地方
所属福岡県
人口950,646 人
面積491.95 km2
人口密度1,932 人/km2
公式サイトwww.city.kitakyushu.lg.jp
備考政令指定都市
Wikipedia-logo.png北九州市

北九州市(きたきゅうしゅうし)は、福岡県の北東部に位置するで、政令指定都市である。7つの行政区がある。

概要[編集]

1963年(昭和38年)2月10日北九州工業地域の一角を占める門司市小倉市戸畑市若松市八幡市の5市が合併して発足、同年4月1日日本で7番目、九州地方で初、非県庁所在地としても初となる政令指定都市に昇格し、旧5市がそのまま行政区となった。1974年(昭和49年)4月1日、小倉区と八幡区の2区が分区し、7区体制となる。発足当初は人口100万人を優に超え、九州における人口最多都市であった。

八幡製鉄所などもあり、鉄鋼、化学、水産などの製造業が盛んな工業都市であるが、1972年(昭和47年)4月1日に福岡県の県庁所在地である福岡市が北九州市より9年遅れで政令指定都市に昇格した頃から産業構造の変化で、人口は減少の一途をたどり、福岡市に人口首位の座を譲り(それでも現在のところ九州での人口では不動の第二位の地位は確保している)、現在は95万程度となっている。人口減少傾向にあるとは言え、地方都市として圧倒的に有利な立場にある県庁所在地以外でこれほどの人口を抱えている都市は希有な存在であり、首都圏の川崎市に次ぐ全国第2位であり、地方圏では第1位である。むしろ県庁所在地ではないという不利を抱えながらこれほどの繁栄を築いたのは正当に評価されるべきである。実際現在の地方都市における政令指定都市は一部の例外を除き県庁所在地である。

小倉城平尾台門司港レトロ関門橋若戸大橋などの観光名所がある。

治安[編集]

小倉北区にこの市では最大規模の警察署がある。ヤからはじまる職業の人お察しください)が多く、福岡が修羅の国と呼ばれる所以である。ただ、最近は市民が参加するパトロールが増えている。

地理[編集]

北九州市は門司区小倉北区小倉南区戸畑区若松区八幡東区八幡西区の7つの行政区で構成される。

教育[編集]

大学[編集]

  • 九州工業大学(国立)
  • 北九州市立大学(公立)
  • 産業医科大学(私立、ただし一般的な私立医大とは異なって、産業医育成を主目的とし、医学科に自治医大同様の学費返還免除制度がある。)
  • 九州女子大学
  • 九州共立大学
  • 西日本工業大学 デザイン学部
  • 九州栄養福祉大学
  • 西南女学院大学
  • 九州国際大学
  • 早稲田大学 情報生産システム研究センター

気候[編集]

北九州市の気候は微妙な感じであり、「瀬戸内」「日本海側」「太平洋側」の気候を併せ持つ。

  • 8月に雨が少ない。瀬戸内の気候である。
  • 地形的には日本海側気候であろう。
  • でも高温多湿。太平洋側の気候である。

北九州市ではこれといった地震が起きていない[1]が、それはまだ動いていない断層が2つ(小倉東断層福智山断層)もあるからである。南海トラフ地震では、震源域から遠いため、直撃はないだろう。津波は瀬戸内海側であるかもしれない。

梅雨明け直前の豪雨も多い。平成30年7月豪雨で市内道路が冠水したこともある。当時、避難指示が「土砂災害警戒区域+一部の河川周辺」という広範囲に出された。

日本海側だが皿倉山を除き雪が珍しい。積もればすごいことである。

脚注[編集]

  1. 1923年以降、北九州市を震源とする有感地震は2回しか起きていない

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

福岡県長崎県佐賀県熊本県宮崎県大分県鹿児島県沖縄県