北陸鉄道金名線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが北陸鉄道金名線の項目をおカタく解説しています。

金名線(きんめいせん)は、かつて北陸鉄道が運行していた鉄道路線である。白山下駅-加賀一の宮駅間の営業キロは16.8kmである。

沿革[編集]

1925年大正14年)石川郡蔵山村月橋(のちの鶴来町、現在の白山市)出身の小堀定信の出資により敷設が開始された。当初の計画では金沢と名古屋を鉄道で結ぼうというもので会社名は金名鉄道(きんめいてつどう)であった。白山下駅-鶴来駅間を路線とし、鶴来駅では白菊町駅 - 鶴来駅間を運行していた金沢電気軌道と接続した。資金難などから、1929年昭和4年)に鶴来駅 - 神社前(のちの加賀一の宮)駅間を金沢電気軌道に売却するなどしてなんとか経営していたが、白山下駅から名古屋方面への延伸は実現せずに終わった。

1943年(昭和18年)戦時統合により北陸鉄道の設立に参加し、同社の金名線となる。1983年(昭和58年)には大日川橋梁で岩盤崩落などの問題により全線運休を余儀なくされた。翌1984年(昭和59年)春には復旧し運行再開を果たしたものの、同年冬には手取川橋梁に問題が発生し再び全線運休となり、1987年4月29日運行再開を果たすことなく廃止された。

廃止後路線跡は自転車道路として整備が行われ、石川県道302号手取川自転車道線(通称:手取キャニオンロード)となった。廃止の要因となった手取川橋梁跡には、石川県道146号金沢停車場南線の旧御影大橋の部材を再利用した金名橋が架けられている。また、路線バス河原山線の待機所として利用されていた白山下駅駅舎はサイクリングターミナルとなっている。

駅一覧[編集]

  • 加賀一の宮 - 手取中島 - 広瀬 - 瀬木野 - 服部 - 加賀河合 - 大日川 - 下野 - 手取温泉 - 釜清水 - 下吉谷 - 西佐良 - 三ツ屋野 - 白山下

関連項目[編集]

外部リンク[編集]