北陸鉄道加南線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが北陸鉄道加南線の項目をおカタく解説しています。

加南線(かなんせん)は、かつて北陸鉄道が運行していた石川県加賀市および小松市南西部の路線の総称である。

概要[編集]

温泉電軌を前身とし、山中、山代、粟津、片山津の加賀温泉郷を連絡していた。
北陸鉄道合併後の戦後、アルミカー「しらさぎ」転換クロス車「くたに」といった意欲的な車両を投入していたが、加賀温泉郷周辺の国鉄駅で唯一「浮いた存在」の作見駅を特急列車駅の加賀温泉駅に改称・整備した途端に存在意義を失って廃止となった。