北陸鉄道石川線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが北陸鉄道石川線の項目をおカタく解説しています。

北陸鉄道石川線(ほくりくてつどういしかわせん)は、北陸鉄道鉄道路線である。野町駅 - 鶴来駅間の13.8km。

概要[編集]

路線名の由来でもある旧石川郡である石川県金沢市野々市市白山市(旧鶴来町)を走る。
過去には、白菊町駅 - 野町駅間、鶴来駅 - 加賀一の宮駅間の路線もあったが、前者は1970年、後者は2009年10月31日付で廃止された。

過去の接続路線に、野町駅での金沢市内線野々市駅での松金線、鶴来駅での能美線加賀一の宮駅での金名線があり、すべてを総称して石川総線と呼ばれていた。現在は新西金沢駅JR西日本北陸本線西金沢駅と接続するほか、野町駅と浅野川線北鉄金沢駅との間は北鉄金沢バス路線バスで結ばれている。

[編集]

野町駅 - 西泉 - 新西金沢駅 - 押野 - 野々市駅 - 野々市工大前 - 馬替 - 額住宅前 - 乙丸 - 四十万 - 陽羽里 - 曽谷 - 道法寺 - 井口 - 小柳 - 日御子 - 鶴来駅

外部リンク[編集]