北陸鉄道山中線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山中線(やまなかせん)は、かつて北陸鉄道が運行していた路線。山中駅 - 大聖寺駅間の8.9km。

概要[編集]

1899年明治32年)10月8日山中駅 - 河南駅間が開業。翌1900年(明治33年)5月16日河南駅 - 大聖寺駅間が開業。当時は馬車鉄道であったが1912年大正元年)9月18日に山中電軌へ改称する。1913年(大正2年)3月18日には全線で電化したことにより、石川県初の電化路線となるも11月16日、全線を温泉電軌に譲渡している。1943年昭和18年)10月13日に戦時統合により発足した北陸鉄道に参加して同社の路線となる。

戦後も山中温泉への乗客輸送が順調だったが、1970年に国鉄の特急停車駅が加南線の接続駅が無かった加賀温泉駅(もとの作見駅)へ統合されたことなどにより、利用者の減少に歯止めがかからず1971年(昭和46年)7月11日に全線廃止となった。

[編集]

山中 - 新塚谷 - 新家工業 - 旭町 - 長谷田 - 中田 - 二天 - 河南 - 黒瀬 - 帝国繊維前 - 大聖寺


鉄道事業
現有路線 浅野川線 - 石川線
廃止路線

石川総線 : 石川線(一部) - 金名線 - 能美線

加南線 : 粟津線 - 動橋線 - 片山津線 - 山代線 - 山中線 - 連絡線
金石線 : 金沢市内線 : 小松線 : 松金線 : 能登線
バス事業
直営 北鉄バス
子会社 北鉄加賀バス - 北鉄白山バス - 北鉄金沢バス - 北鉄奥能登バス - 北鉄能登バス
旧会社 ほくてつバス - 北鉄金沢中央バス - 奥能登観光開発 - 能登中央バス - 七尾バス - 能登西部バス - 加賀白山バス - 加賀温泉バス - 小松バス - 北陸交通
レジャー事業(廃止) ジャンボボール - ジャンボゴルフガーデン - 有磯海北鉄レストラン - 千羽平北鉄レストランメルヘン - 小矢部川北鉄レストラン - 千里浜観光開発
乗車券 ICa(アイカ)
グループ企業 北鉄航空 - 北陸商事 - 北陸自動車興業 - 北陸電設 - 北陸道路施設 - 北陸ビルサービス - ホクリクコム - 山代プラザ
関連項目 名鉄グループ名古屋鉄道
他事典リンク¦ウィキペディア