福澤諭吉

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア福澤諭吉の項目があります。

福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち、新字体福沢 諭吉天保5年12月12日1835年1月10日〉 - 明治34年〈1901年2月3日)は、日本武士中津藩士のち旗本)、蘭学者著述家啓蒙思想家教育者(はん)。子囲(しい、旧字体:子圍)。揮毫の落款印は「明治卅弐年後之福翁」。雅号は、三十一谷人(さんじゅういっこくじん)。

経歴[編集]

大坂堂島の中津藩屋敷で生まれる。父は中津藩士の福澤百助であるが、諭吉が3歳の時に死亡している。このため、母と共に藩の郷里中津に帰国した。

14歳の頃から漢学を学び、安政元年(1854年)に21歳で長崎に赴いて蘭学を学ぶ。安政2年(1855年)3月に大坂に出て緒方洪庵適塾に入門する。しかしこの間の安政3年(1856年)3月に腸チフスに倒れ、洪庵の治療を受けて全快する。しかし同年9月に兄が病死し、帰国することを余儀なくされて家督を相続した。しかし城勤めは性に合わず、再度大坂に戻って適塾の内塾生となり、その後塾長にまで推挙されるに至った。だが安政5年(1858年)10月に中津藩の命令で江戸に出ることになり、築地鉄砲洲の中津藩中屋敷において蘭学の家塾を開くことになり、藩の子弟に教授すると共に自らはオランダ語ではこれからの時代に通用しないと考えて、英語を学ぶことになる。なお、この家塾こそが後年の慶応義塾であった。

安政7年(1860年)1月、27歳で軍艦奉行木村芥舟の従僕として咸臨丸に乗艦することを許され、渡米する。5月に浦賀に戻り、江戸幕府の翻訳掛となった。文久2年(1862年)1月に幕府の文久遣欧使節に随行して再度渡欧し、イギリスフランスオランダプロシャロシアなどの諸国を巡歴し、12月10日に日本に帰国する。元治元年(1864年)3月に幕府に再度召し出され、外国奉行翻訳方を命じられる。慶応2年(1866年)には『西洋事情』を出版し、慶応3年(1867年)1月に幕府の軍艦受け取り随員として再々度渡米し、6月に日本に帰国したがこの慶応遣欧使節において多くの原書を購入した。

慶応4年(1868年)4月、新銭座に敷地を求めて150坪の塾舎を建立し、自ら慶応義塾と命名した。同年の戊辰戦争による敗戦で幕府が事実上倒れると、明治政府から招聘されるもこれを拒否し、自ら塾の運営に尽力した。明治4年(1871年)には校舎を三田に移し、構内に自らの家を建ててここに住むようになる。明治5年(1872年)2月に有名な『学問のすすめ』初編を刊行し、8月には慶応義塾出版局を開設する。明治6年(1873年)に明六社を結成し、明治8年(1875年)には『文明論の概略』6巻を刊行する。

明治11年(1878年)に東京府会議員に選出され、明治12年(1879年)に東京学士会院の初代会長に就任。ところが明治13年(1880年)に府会議員を、明治14年(1881年)には学士会員を辞退し、明治15年(1882年)には『時事新報』を創刊して諸般にわたって筆を執るようになる。明治23年(1890年)に慶応義塾に大学部を設置し、文学科・理財科・法律科の3科を設ける。明治28年(1895年)には前年から開始された日清戦争のため、1年延期していた還暦の祝宴を張った。

明治31年(1898年9月26日、日課としていた早朝から数名の塾生を連れて散歩に出かけた際、午前中は大して変わりなく過ごしていたのだが、昼食をとってから1時間ほどして諭吉は急に頭痛を覚えて病床につく。頭痛は時間がたつごとに激しくなり、諭吉は言語もわからないようになったという。これは軽度の脳梗塞と見られており、自宅で静養をするようになる。10月2日には明治天皇昭憲皇后から、10月5日には当時皇太子であった後の大正天皇から御見舞品を下賜された。この時は病状が快方に向かい、11月には歩行ができるほどにまで回復し、12月12日の65歳の誕生日には紅葉館で盛大な全快祝賀会を催したという。

その後、脳梗塞の後遺症が出ることもなく、明治33年(1900年5月の皇太子と節子(後の貞明皇后)の結婚に際して多年の著訳、教育の功績を賞されて金5万円を下賜された。明治33年(1900年)12月31日から明治34年(1901年)1月1日にかけて慶応義塾生の催した世紀送迎会に出席するなど、諭吉は極めて健康だった。だが、1月25日に脳溢血が再発して病床に倒れ、それからわずか10日後の2月3日午後10時50分に自宅で死去した。68歳没。

葬儀2月8日に麻生の善福寺で行われ、会葬には1万5000人余りが出席する盛大なものとなった。墓所は品川大崎の常光寺にあったが、昭和52年(1977年)に福澤家によって港区元麻布1丁目の善福寺に移され、常光寺の墓地跡には昭和53年(1978年)に谷口五郎の設計による「福澤諭吉埋葬地跡記念碑」が建立されることになった。

福澤が発表した著書は50部105冊に及び、それらは『福沢全集』に収められている。また生涯にわたって在野の立場を維持し、封建的な思想に深い批判を持っており、常に「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」を説き、自由を愛して独立自尊の精神を唱えていた。

著作等[編集]

ファイル:学問のすヽめ.jpg
『学問のすゝめ』は最も著名で菓子の名にも冠されている
主な著書
著作集

福澤諭吉著作集』(全12巻)、慶應義塾大学出版会2002年(平成14年)- 2003年(平成15年)に刊行。
 2009年(平成21年)に、著作集の一部(選書 全5冊)が、コンパクト版で新装刊行。

  1. 『西洋事情』 マリオン・ソシエ西川俊作 編、2002年5月15日。ISBN 4-7664-0877-2
    • (コンパクト版 ISBN 978-4-7664-1622-0)
  2. 『世界国尽 窮理図解』 中川眞弥 編、2002年3月15日。ISBN 4-7664-0878-0
  3. 『学問のすゝめ』 小室正紀・西川俊作 編、2002年1月15日。ISBN 4-7664-0879-9
    • (コンパクト版 ISBN 978-4-7664-1623-7)
  4. 『文明論之概略』 戸沢行夫 編、2002年7月15日。ISBN 4-7664-0880-2
    • (コンパクト版 ISBN 978-4-7664-1624-4)
  5. 『学問之独立 慶應義塾之記』 西川俊作・山内慶太 編、2002年11月15日。ISBN 4-7664-0881-0
  6. 『民間経済録 実業論』 小室正紀 編、2003年5月15日。ISBN 4-7664-0882-9
  7. 『通俗民権論 通俗国権論』 寺崎修 編、2003年7月15日。ISBN 4-7664-0883-7
  8. 『時事小言 通俗外交論』 岩谷十郎西川俊作 編、2003年9月30日。ISBN 4-7664-0884-5
  9. 『丁丑公論 瘠我慢の説』 坂本多加雄 編、2002年9月17日。ISBN 4-7664-0885-3
  10. 『日本婦人論 日本男子論』 西澤直子 編、2003年3月17日。ISBN 4-7664-0886-1
  11. 『福翁百話』 服部禮次郎 編、2003年1月15日。ISBN 4-7664-0887-X
    • (コンパクト版 ISBN 978-4-7664-1625-1)
  12. 『福翁自伝 福澤全集緒言』 松崎欣一 編、2003年11月17日。ISBN 4-7664-0888-8
    • (コンパクト版 ISBN 978-4-7664-1626-8)
事典
  • 『福澤諭吉事典』慶應義塾150年史資料集 別巻2、福澤諭吉事典編集委員会編、慶應義塾大学出版会、2010年12月25日。ISBN 978-4-7664-1800-2
著書翻訳

系譜[編集]

曾孫
玄孫
その他

福澤諭吉を主題とした作品[編集]

映画[編集]

福澤諭吉を主人公とした映画

テレビドラマ[編集]

福澤諭吉を主人公としたテレビドラマ
福澤諭吉が登場したテレビドラマ

記念行事・記念切手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. "General Catalogue" Massachusetts Institute of Technology, 1899, p238
  2. 清岡邦之助『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  3. 志立鉄次郎『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  4. 潮田伝五郎『現今日本名家列伝』日本力行会出版部、明36.10
  5. 福澤大四郎『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  6. 『聞き書き・福澤諭吉の思い出: 長女・里が語った、父の一面 』P.10~P.11,P.114~P.147 ( 中村仙一郎 中村文夫 著 / 近代文芸社 刊, 2006)
  7. 慶應義塾 創立150年記念 未来をひらく 福沢諭吉展

外部リンク[編集]