日清戦争

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日清戦争(にっしんせんそう、英:First Sino-Japanese War)とは、1894年に始まり1895年に終わった、大日本帝国清国の間での戦争である。

概要[編集]

ざっくり言うと、大日本帝国と清国が韓国に関して争った戦争。

大日本帝国が勝利し、清国から賠償金などを受け取った。

他の側面[編集]

この戦争のもう一つの側面として、旧琉球王国の支配権の攻防戦争が挙げられる。旧琉球王国は日本と清国の朝貢両属関係にあったが、王家の第二尚氏の大日本帝国の華族化および薩摩藩→鹿児島県の属領関係を断ったのを契機に清国への朝貢も取りやめた。これに清国は不服で、大日本帝国主導の琉球処分で実効支配権が強まるにつれ、清国は琉球王朝の復興と旧習の復活を企図したまま、戦争に突入した。しかし、日清戦争に清国が完全敗北したことで、清国は琉球に対する宗主権復活の機会を完全に喪失し、沖縄県としての大日本帝国の完全国領化が国際的に認められた。

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが日清戦争の項目をおカタく解説しています。