池上本門寺

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

池上本門寺(いけがみほんもんじ)は日蓮宗の大本山である。正式名称は「長栄山 池上本門寺」。

沿革[編集]

  • 1282年弘安5年)9月8日、日蓮身延山から地頭波木井実長の勧めで実長の領地の常陸国へ湯治に向かった。
  • 1282年(弘安5年)9月18日、日蓮は武蔵国池上宗仲の屋敷(現本行寺)に到着したが、病状が悪化し休息する。
  • 1282年(弘安5年)10月8日、日蓮は死を前にして弟子の日昭日朗日興日向日頂日持を後継者と定め、『立正安国論』の講義を行う。
  • 1282年(弘安5年)10月13日辰の刻(午前8時頃)、日蓮は武蔵国池上(現東京都大田区池上)の郷主・池上宗仲公の館で、弟子・信者多数の唱題の中、入寂する。61歳。
  • 池上宗仲は、日蓮聖人御入滅の後、法華経の字数(69,384)に合わせて約7万坪の寺域を寄進する。入滅の霊跡として伽藍を整備する。
  • 1288年正応元年)、大堂に奉安されている日蓮聖人御尊像が、日持聖人らによって造立される。
  • 1590年天正18年)8月1日、徳川家康が江戸へ入府した後、第12 世日惺聖人は居を鎌倉から池上に移した。以来、貫首は池上に常住する。
  • 1945年昭和20年)4月15日、京浜地区南部の空襲によって、大伽藍と御霊宝のほとんどを失った。伽藍は堂宇56 棟を焼失する。

基本事項[編集]

有名人の墓[編集]