幸田延

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

幸田 延(こうだ のぶ、明治3年3月19日1870年4月19日) - 昭和21年(1946年6月14日)は、音楽教育者バイオリニストピアニストである。東京音楽学校教授。「音楽教育界の大御所」「上野の女王」「上野の西太后」などと言われた。日本人として始めてソナタ形式による楽曲を作った。日本で最初のバイオリニスト、日本で最初の(西洋クラシック音楽の)作曲家。兄は作家の幸田露伴である。 バイオリニスト安藤幸は6歳下の妹である。

経歴[編集]

  • 1870年4月19日(明治3年3月19日)、東京下谷に生まれる。父・幸田成延は江戸幕府の表坊主役であった。母の猷は和歌や和楽に堪能であり、幸田延は幼時から長唄、琴、三味線を習う[1]
  • 1876年、数え年7歳になると、杵屋六翁の弟子の杵屋えつのもとに長唄に入門させた。学校の帰りには山勢松韻に師事し、琴のお稽古に通った。
  • 1880年(明治13年)、東京女子師範学校付属小学校(お茶の水の師範附属小学校、現お茶の水女子大学附属小学校)で実験的に行われていた唱歌教育で、お雇い外国人メーソンに才能を見だされてピアノを習いはじめた[2]。「此の子は音楽の才があるから個人教授をしたい」と言われたという。
  • 1882年(明治15年)、メーソンの勧めで音楽取調掛に伝習生として入学。音楽取調掛伝習生規則が改正され、修業年限は4ヵ年となった。学科はこれまでの唱歌・洋琴・風琴・筝・胡弓に加えて実技のほかに修身・和声学・音楽論・音楽史・音楽教授法が教授された。ピアノの先生は瓜生繁子であった。
  • 1885年(明治18年)7月20日、16歳で音楽取調掛最初の全科修了生となる。延は遠山甲子のピアノ伴奏でヴァイオリン独奏「ラスト・ローズ・オブ・サマー」、ピアノ独奏「舞踏への招待」(ウェバー作曲)を演じた。卒業生の幸田延と遠山甲子は全科修了後、「助教」として教育活動を開始した。
  • 1888年(明治21年)からルドルフ・ディットリヒの薫陶を受け、ヴアイオリンを習った。教則本はクロイツアーであった。ディットリヒの推薦により留学が決まる。
  • 1889年(明治22年)、第1回文部省留学生として渡米。ボストンのニューイングランド音楽院でヨーゼフ・ヨアヒムの弟子のエミール・マールのもとでバイオリンを習得。1年後に帰国。
  • 1891年(明治24年)、ウィーン音楽院に留学し、ヨーゼフ・ヘルメスベルガーにバイオリンを、フレーデリク・ジンガーにピアノを、ロベルト・フックスに和声、対位法と作曲法を学ぶ。ウィーン国立音楽学校では5年間学んだ。
  • 1895年(明治28年)、帰国する。東京音楽学校助教授に就任。
  • 1896年(明治29年)、帰朝披露演奏会でメンデルスゾーン「バイオリン協奏曲ホ短調」第一楽章の独奏、シューベルト「死と乙女」独唱を披露。
  • 1899年(明治32年)、東京音楽学校教授に就任
  • 1906年(明治39年)、従五位
  • 1909年(明治42年)、東京音楽学校を休職。東京音楽学校内や当時の新聞や文芸誌などからバッシングを受け、休職に追い込まれた。
  • 1912年(明治45年)春、隅田川の氾濫のため、露伴の子(文、成豊)を延の居宅である麹町区紀尾井町で面倒を見た。晩年まで自宅で個人教授を続けた。
  • 1937年(昭和12年)6月、音楽界最初の日本芸術院会員となる。
  • 1946年(昭和21年)6月14日没。東京大田区池上本門寺に葬られた。

人物[編集]

休職に至る事情として、『やまと新聞』明治41年9月に「幸田延子女史は本校に少なからざる功労のある人で又芸術家として尊敬すべき天才を有している、しかし教育家としての品性人格は絶対に非認せざるを得ない、教育家養成主義たる本校に斯の如き人を置くのは害あつて益がなからう、女史が退けば本校否我音楽界が如何に発展するかは言を俟たずして明である」と書かれる。『東京朝日新聞』明治41年9月に「ああ尊きこの大芸術を婦女子の手にのみ委して、男子拱手傍観して沈黙すると云ふは由由しき国辱にあらずや」と報道。当時重鎮であった幸田に対して男性教員からの反感や嫉妬があり、東京音楽学校長の湯原元一は、メディアの風潮を利用して策を練り、要職にあった幸田延を休職に追い込んだ[3]

1906年(明治39年)2月15日の読売新聞「女教師の収入」によれば、当時の高等小学校の男性教諭の平均月給は20円84銭。女性教諭の平均月給は14円60銭。女性トップの収入は華族女学校の下田歌子、年収5,000円(月給換算417円)。2位はヴァイオリン・ピアノ奏者幸田延、年収1,800円(月給換算で150円)。現在価値換算では月収245万円、年収2940万円となる高額所得者であった。

音階を歌ふ練習は、小供の頃から長唄やお琴をやつていたため、難しくないと感じた。

その頃、楽器店は一軒もなく、ピアノを自宅で勉強する事はできなかった。

弟子[編集]

滝廉太郎本居長世、久野久子、三浦環

参考文献・注釈[編集]

  1. 萩谷由喜子(2000)『幸田姉妹』ショパン、ISBN-10:4883641686
  2. 玉川裕子(2012)「音楽取調掛および東京音楽学校(明治期)教員のジェンダー構成」桐朋学園大学研究紀要38、pp.47-73
  3. 平高典子(2015)「幸田延のヨーロッパ音楽事情視察」芸術研究、玉川大学芸術学部研究紀要 (7), pp.13-27