大学令

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア大学令の項目があります。

大学令(だいがくれい)とは、大正時代大正7年(1918年12月6日に、原敬内閣によって公布された法律である。当時の臨時教育会議の答申を受けて成立した法律である。この法律により、官立の帝国大学に限っていた大学公立私立に拡大し、慶応義塾大学早稲田大学同志社大学などの私学が大学になった。太平洋戦争後の昭和22年(1947年)に戦後の教育改革で学校教育法施行されると同時に廃止となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]