哲学

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少冗談を含みます。
寛容な心でお読み下さい。

哲学(てつがく)とは、論理的な考えにより物事の真相を解明しようと取り組む活動や、そうする学問の事である。哲学を行う人を指して哲学者と呼んだりする。

概要[編集]

その特質ゆえにさまざまな分野で用いられている。推理や類推、航空機の事故原因の分析などが良い例である。

注意点[編集]

考えられる事は、知っている事だけである。知らない事を考える事は出来ない。

なので哲学的思考を用いる前段階として、事実や証拠などの情報収集から入る必要がある。

哲学的思考を使っても答えにたどり着けない場合は情報収集不足である可能性が高いと見た方が良い。実験検証による情報収集の上に哲学は成り立っていると考えた方が良い。

ちなみに教えられる事も、知っている事だけである。

哲学者と呼ばれる人物は古代より多数存在するが、限られた情報に基づいて結論付けたため、後々その結論が完全に否定されるというのはよくある話である。

例え話[編集]

取り入れた情報をさまざまに分析する哲学は、草食動物反芻に例えられる事がある。

一度取り入れた情報でも違った角度から何度も分析する事で、いろいろな側面が見えてくるという例えである。

実際、最初に草を取り入れる作業をしなければ、反芻しようにも反芻する材料が無い、という点も共通する。

別の意味で言うと、反芻する時間を作らない、あるいは与えられない場合、その人は哲学的思考を知る事無く寿命を迎える可能性がある、と言える。

一般常識[編集]

一般常識も基本哲学に基づいているため、例えば「天は人の上に人を作らず」は一般常識とされているが、違う文化圏では非常識扱いされる事もある。

主な使用例[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディア哲学の項目があります。