名電赤坂駅

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名電赤坂駅*
めいでんあかさか
MEIDEN AKASAKA
NH05 御油 (1.8km)
(2.5km) 名電長沢 NH07
所在地愛知県豊川市赤坂町松本35-2
駅番号NH06
所属事業者名古屋鉄道
所属路線名古屋本線
キロ程12.5km(豊橋起点)
駅構造地上駅
ホーム2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,065人/日
-2019年-
開業年月日1926年大正15年)4月1日
備考無人駅国府駅管理)
*1938年愛電赤坂駅より改称。

名電赤坂駅(めいでんあかさかえき)は、愛知県豊川市赤坂町にある鉄道名鉄名古屋本線の駅である。

特徴[編集]

旧音羽町の代表駅。上下ホームのみの無人駅である。

1926年に愛知電気鉄道によって愛電赤坂駅として開業。東海道の赤坂宿の東に位置し、海岸沿いに東海道本線が通じて以降、衰退した宿場町が再度活性化する切り札と期待されたが、いざ開業すると速達列車が停車しないため、街道交通の隆盛は取り戻せず、近接する国府駅周辺が戦後に発展する結果となった。

一方、1970年代より北東に赤坂台などの団地や工場が造成され、団地居住者や工場通勤者に利用されるようになった。

名鉄買収後の1938年に現在の駅名に改称。2005年平成17年)1月29日、新岐阜、新一宮、新名古屋の3駅が名鉄岐阜名鉄一宮名鉄名古屋に改称されたにもかかわらず、名古屋寄りの隣の名電長沢、三つ先の名電山中各務原線名電各務原の3駅ともともに、「名電○○」のまま改称されなかった。

NH名鉄名古屋本線の駅一覧
豊橋 - (平井信号場) - 伊奈 - 小田渕 - (豊川稲荷方面<<)国府 - 御油 - 名電赤坂 - 名電長沢 - 本宿 - 名電山中 - (舞木信号場) - 藤川 - 美合 - 男川 - 東岡崎 - 岡崎公園前 - 矢作橋 - 宇頭 - (西尾方面<<)新安城 - 牛田 - 知立 - 一ツ木 - 富士松 - 豊明 - 前後 - 中京競馬場前 - 有松 - 左京山 - 鳴海 - 本星崎 - 本笠寺 - - 呼続 - 堀田 - (太田川・中部国際空港方面<<)神宮前 - 金山 - 山王 - 名鉄名古屋 - 栄生 - 東枇杷島 - (枇杷島分岐点)(>>岩倉・犬山方面) - 西枇杷島 - 二ツ杁 - 新川橋 - 須ヶ口(>>津島方面) - 丸ノ内 - 新清洲 - 大里 - 奥田 - 国府宮 - 島氏永 - 妙興寺 - 名鉄一宮 - 今伊勢 - 石刀 - 新木曽川 - 黒田 - 木曽川堤 - (竹鼻・新羽島方面<<)笠松 - 岐南 - 茶所 - 加納 - 名鉄岐阜