サンデーモーニング

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアサンデーモーニングの項目があります。
サンデーモーニング
ジャンル報道番組
制作局TBSテレビ
放送時間毎週日曜日
8:00 - 9:54
放送期間1987年10月4日 - 放送中
出演者関口宏
制作著作TBSテレビ
制作TBSテレビ
公式サイトサンデーモーニング

サンデーモーニング は、TBSテレビで放送している報道番組である。

概要[編集]

関口宏を総合司会にした報道番組である。1987年から放送されている長寿番組であり、同一司会者の報道番組としても最長を記録している。コメンテーターなどは、関口宏が社長を務める株式会社三桂の所属者が出演し、日曜朝の番組にしては割と高い視聴率をキープしている。

筑紫哲也なき現在、NEWS23を超える勢いで容赦なく国家主義な人物や問題をばっさりと批判するのが、この番組の最大の見どころである。その論調は「在日韓国人張本勲が1番保守的な発言をする番組」という一見奇妙な現象が毎週当たり前のように放送されているほどに徹底している。このため貧困に苦しむ層や個人の人権といったリベラルな視聴者に人気がある。

張本とサンデーモーニング[編集]

スポーツコーナー「週刊御意見番」を担当する張本勲は、コーナー中主にプロ野球を中心に解説を担当。12球団の成績や順位、選手の調子に厳しくコメントをする。しかし現役時代に在籍していた読売ジャイアンツにはやや甘く、メジャーリーグに対してはルールや起用法に不満を持っており、チームの順位より日本人選手の成績と動向に注目をしている。成績が低迷してマイナーでプレーしている選手、故障者リスト入りが長引いている選手に対しては、「早く日本に戻ってきなさい!」と帰国を促し、メジャーリーグの選手の守備、走塁ミスには、「基礎ができていない。」「これが、アメリカの野球だから。」と冷たくコメントを、空振り三振する選手に関しては「ヘボバッター」と酷評をする。

張本のコメントは、ほぼ毎週、一部スポーツ新聞のネットニュースで掲載され、主にデイリースポーツサンケイスポーツスポーツ報知に掲載されることが多い。彼のコメントに賛同する意見も多数ある。苦言を発することもあり、その記事を見た野球以外のスポーツファン(主にサッカーファン)や、名指しした選手のファン、張本の発言に不快感を持った者などからFacebookなどのネット掲示板に批判意見がコメント投稿されることがある。在日韓国・朝鮮人に対して憎悪を持った者からは、発言内容とは関係のないヘイトスピーチ的な批判、便乗者による誹謗中傷する心無いコメントが投稿される。張本個人を嫌う者の中には、YouTubeで、他の野球評論家や、現役選手の写真のみの映像に、張本に対しての不満や批判意見をテロップで流し、その人物が発言したインタビュー画像のように見せかけて批判している者もいる。同様のことが「アッコにおまかせ!」での和田アキ子の発言に対しても起きている。尚、在日韓国人である張本と、かつて在日であった和田アキ子は日本生まれ、日本育ちである。

広島県で生まれ育った関係で、Jリーグサンフレッチェ広島を応援している。また、バラク・オバマ訪日に尽力したことなどを理由に安倍晋三を高く評価しており、個人的な意見と前置きした上で「よかったねえ!ホッとしましたよ。許しはしませんよ。朽ち果てるまで許すことは出来ないけどもね。やった方のトップが来てくれた。ホッとして、私、個人的にはね、安倍ちゃんが総理で良かったね。この国を守ってくれるから」と言い放ち関口を絶句させた[注釈 1]。良くも悪くも絶大な存在感でコーナーのみならず番組そのものを支えている様子が伺える。

パロディ[編集]

  • 2015年6月4日フジテレビ系列とんねるずのみなさんのおかげでした』で、「ナンデーモーニング[1]というパロディを放送[2]した。コーナーは「週間御意見番[3]」の部分が使われ、司会は、矢は口宏(矢作兼)、右側に助っ人(石井一久)・張木勲(石橋貴明)・ノリ橋ユミ(木梨憲武)、左側に小木博明三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)[4]。BGMはオープニング及び「一週間のニュース」紹介時に流れるもの(ただしアレンジバージョン)が流れた。さらに、「喝」・「あっぱれ」ステッカーとCM入り前のジングル及びタイトルロゴも、本家に似せたものが使われた。
    • 同年8月13日にも放送。BGMのキーが高く改変された。助っ人はカンニング竹山
  • 同じTBS系列の北海道放送(HBC)のローカル番組『今日ドキッ!』の1コーナー「Bravo!ファイターズ」では「週間御意見番」のパロディで行われる。ファイターズOBでHBC野球解説者の大宮龍男が、(現役時代の監督だった)大沢啓二のニックネーム「大沢親分」にひっかけて「大宮親分」として大沢よろしく着物姿で登場。本家を模した中吊り広告風のフリップボードに前日のファイターズの結果が表示され、大宮が「喝」と「Bravo!(本家の「あっぱれ」の代わり)」で評価し、メイン司会のグッチーがそれに応じてステッカーを張る。

ネット局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送時間(JST
関東広域圏 TBSテレビ(TBS)
制作局
TBS系列 日曜 8時00分 - 9時54分
北海道 北海道放送(HBC)
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
長野県 信越放送(SBC)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)[5]
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県・島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 RSK山陽放送(RSK)[6]
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(itv)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)

その他[編集]

  • 琉球放送は、12月の第一日曜日に限りNAHAマラソン中継のため、13時前からの時差放送。
  • テレビユー福島は、11月中旬の日曜にふくしま駅伝を中継するため、9時半から時差放送。『サンデージャポン』は休止となる。
  • 中国放送では、8月6日が日曜と重なった場合(過去に1989年、1995年、2000年、2006年、2017年)には、広島平和記念式典を生中継するために時差ネットとなる。2017年の場合は8:45 - 10:39であった。また、以前は「中国駅伝」(後に終了)を生中継した際にも午後からの時差ネットとなっていた。
  • 山陰放送は、2000年9月24日にテレビ朝日系で放送されたシドニーオリンピック女子マラソン中継放送のため、この回のみ13:00からの遅れ放送となった。
  • 長崎放送では、10月7日が日曜と重なった場合(過去に1990年、2001年、2007年、2012年、2018年)には、長崎くんちを生中継するために時差ネットとなる。2012年、2018年の場合は14:00 - 15:54であった。
  • 熊本放送では2012年以降、2月第3日曜が熊本城マラソン生中継のため、13:00からの時差放送。
  • 2015年8月9日は、長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典の模様を伝えるため、11:22まで放送時間を拡大した。
  • 南日本放送では、2016年3月6日に開催された鹿児島マラソン生中継放送のため、13:00からの時差放送。2017年3月5日開催時、2018年3月4日開催時、2019年3月3日開催時にも同様の処置となった。

放送を休止した事例[編集]

特別編成への対応[編集]

TBS系列で4月上旬の平日早朝にマスターズゴルフの同時ネット生中継を実施する[7] 場合には、当番組の放送開始時間を8:30に繰り下げたうえで、放送時間を30分短縮する[8]。また、大きな出来事があった場合は一部のコーナーを休止する場合がある[9][10]

出演者[編集]

  • 関口宏
    • 中日ドラゴンズについては、「週刊御意見番」でよほどの大きな功績でない限り最低限しか触れない。関口が中日嫌いだからであるという説がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. 張本自身は原爆で怪我をすることは無かったが、学徒勤労動員に出ていた姉が命を落としている

出典[編集]

  1. 2015年6月4日の東京新聞朝刊テレビ欄には「ナンデーモーニング」と記載されていた。
  2. このうち、テレビ山梨とテレビ山口では、同番組を遅れネットしているため本家パロディの両方が同じテレビ局で放送されたかたちとなる。
  3. フリップには「週刊 意見番」と表記されている。
  4. この他、左端にはエキストラが2人座っている。
  5. 2014年3月30日(2013年度最終放送日)までは認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、中部日本放送。
  6. 2019年3月31日(2018年度最終放送日)までは認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、山陽放送。
  7. TBSが、日本国内の地上波テレビおよびBSでの放送権を独占的に保有。
  8. 2014年には、4月10日(木曜日)の深夜から同月14日(月曜日)の早朝(いずれも日本時間)までの期間に生中継を実施する関係で、同月13日(日曜日)の放送が該当。
  9. 2015年2月1日放送分はISILによる日本人拘束事件関連ニュースの放送に伴い、「週刊御意見番」「風をよむ」が休止となった。
  10. 2016年2月7日放送分は9:30頃に北朝鮮によるミサイル発射関連のニュースが入ったため、「風をよむ」が休止となった。

外部リンク[編集]