パウロ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少冗談を含みます。
寛容な心でお読み下さい。
パウロ
Paul the Apostle
登場作品 新約聖書
性別 男性
時代 弥生時代
生年月日 西暦5年
生誕地 タルソス
死没日 西暦67年
死没地 ローマ
死因 断頭による処刑(殉教)
肩書き 選びの器
墓所 サン・パオロ・
フオーリ・レ・ムーラ大聖堂
宗教 ユダヤ教パリサイ派
後にキリスト教
配偶者 未婚

パウロとは、新約聖書に登場する人物の中でとりわけ目立つ特別なキャラクターである。

概要[編集]

新約聖書の中では「パウロ書簡」と呼ばれるパウロの著作が多く、とても熱心なキリスト教徒だった事が分かる。

しかしパウロがキリスト教徒になった経緯は劇的で、「選びの器」と表現されている。

経緯[編集]

もともとは「サウロ」と呼ばれるとても熱心なユダヤ教徒だったパウロは、当初はキリスト教徒をとても熱心に迫害していた。そのため、キリスト教徒達からは非常に恐れられていた。実際、キリスト教史の中で最初の殉教者とされるステファノの死に関与したという記述が聖書にもある[注 1]。そんな中、キリスト教徒の摘発に向かう旅路で「なぜわたしを迫害するのか」と強烈な光と共にイエス・キリストに語りかけられ、視力を失ってしまう[1]

三日後、イエスの指示を受けたアナニヤという弟子がサウロの目を癒す事になった。その際の「目から鱗が落ちた」という表現は日本でも有名である。

そしたら「イエスこそ神の子である」といきなり諸会堂で宣べ伝えはじめたので、それを聞いた人たちは仰天してしまう。そしてかつて同胞だったはずのユダヤ教徒に命を狙われる事になった。

しかしやっぱり「選びの器」。地中海沿岸の諸都市を中心に宣教活動を熱心に行う事に成功したのでした。

めでたしめでたし。

その他[編集]

  • 結婚は苦難を招くと説いている[2]。結婚を禁止している訳ではないのだが、なぜかウィキペディアでは「恋愛は罪だと説いた。」と書かれていた時期があった[3]
  • ヘブライ人への手紙」はパウロの書簡とされる事はあるが、他のパウロの書いた手紙に見られるような、冒頭にパウロが書いた旨の記載が無く、この点は議論がある[4][5]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. パウロ自身が「ステパノの血が流された時も、わたしは立ち合っていてそれに賛成し、また彼を殺した人たちの上着の番をしていたのです」と述べたとされている。使徒行伝(口語訳)22章20節”. ウィキソース (2015年4月25日). 2019年2月22日確認。

出典[編集]

  1. 使徒行伝(口語訳)第9章”. ウィキソース (2015年4月25日). 2018年11月15日確認。
  2. コリント人への第一の手紙(口語訳)7章28節”. ウィキソース (2012年7月8日). 2019年2月17日確認。
  3. パウロ#思想”. ウィキペディア (2017年8月21日). 2019年2月17日確認。
  4. ヘブライ人への手紙#著者”. ウィキペディア (2019年2月8日). 2019年2月17日確認。
  5. 【なお伝統的にパウロ書簡とされる『ヘブライ人への手紙』は近代までパウロの手によるとされていた】について”. ウィキペディア (2017年8月19日). 2019年2月17日確認。

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディアパウロの項目があります。