イエス・キリスト

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少冗談を含みます。
寛容な心でお読み下さい。
イエス・キリスト
Jesus Christ
登場作品 新約聖書
性別 男性 (地上)
時代 弥生時代 (地上)
生年月日 西暦-3〜4年、初秋 (地上)
アブラハムより前(自称)[1]
生誕地 ベツレヘム
死没日 西暦30年頃 (1度目)
死没地 ゴルゴタの丘
死因 十字架による処刑
肩書き 神の子
墓所 岩を掘って造った墓
(復活した際、遺体は消えた)
名ゼリフ サウロ、サウロ、なぜ
わたしを迫害するのか
宗教 ユダヤ教キリスト教
配偶者 未婚

イエス・キリスト(英:Jesus Christ)とは、聖書、特に新約聖書に登場する人物で、世界的に有名な有名人である。

概要[編集]

新約聖書を見ると分かるが、イエスは「神の子」とされたり、「」と言われたり、「預言者」と呼ばれたり、自分を神の子とした「犯罪者」という扱いを受けたりした。

なぜか世界的に暦に採用され、それは日本では西暦と呼ばれ、世界共通の暦として確立されたりと、その後の人類にかなりの影響を与えた事で知られている。

聖書を見ると、群衆を教えたり、死んだ人を復活させたりと義人っぷりが目立つ。しかし妬みを買ってしまい、冤罪により処刑されるという悲しい結果に。バラバの方が釈放されるとか、今考えるとどうかしてると思うが、当時の状況としてはそうならざるを得なかったのだと思われる。

各宗教におけるイエス・キリスト[編集]

ユダヤ教[編集]

イエスは「犯罪者」扱い。自らを神の子としたので死に値する者として訴えられる[2]

でも実は旧約聖書に特に通じていたユダヤ教が、最もキリストを見分けられる存在だったはずだった[3]

キリスト教[編集]

「神」とされてたり「神の子」とされたりする。悪霊からも「神の子」と呼ばれる[4]

復活の奇跡を行えたので、エリヤなどの「預言者」の一人と見る動きもあった[5]

ちなみに「み子」と呼ばれ、「巫女」と勘違いされる事もある。だが男だ[6]

1世紀当時のイエスは政治には関心が無かった模様[7]

イエス自身は自分を神とする事は無く、むしろ神の事を「父」と呼んだ。その事でユダヤ人から命を狙われる事になった[8]。「父」とはヤハウェの事とする意見が多い[要出典]。しかし、敬意の表現としての「父」は旧約聖書にもみられる表現であるため、実際にはかなりの言いがかりであったとも考えられる。

イエスは復活した後は人間じゃなくなった模様[9]

エホバの証人[編集]

  • イエス・キリストが神であるとは認めていない。イエス・キリストはヤハウェの子で、あくまでも神はヤハウェとされている。
  • イエスはヤハウェによって選ばれた王とされている。人間として生きた経験があるので人間を優しく扱える、とされている。
  • イエスは死んで復活した後に天に上げられた[10]。そして1914年にサタンを天から地に投げ落とし、天で王として治めているとされている[11]。地上に王権を行使する時にハルマゲドンが起きるとされている。

イスラム教[編集]

ムハンマドの前の「預言者」の一人として重要視されている。しかし、十字架の上で死んだことをはじめとする聖書の記述は虚偽と考えられている。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


仏教[編集]

阿弥陀仏の元ネタはイエス・キリストという説がある[12]。また「世自在王仏」はヤハウェを表しているんだとか。使徒トマスからインドを経由してキリスト教的な話が仏教化され、日本に入ってきたらしい。

仏教って確か輪廻転生を信じているから、天にいたイエス・キリストが地上の人間に生まれ変わったという考えは受け入れやすいかもしれない。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


道教[編集]

他のと一緒に祭られているんだとか。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


ヒンズー教[編集]

外人さんかな?

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


神道[編集]

稲荷神社はイエスキリスト神社だったとか、八幡神社はヤハウェ神社だったとかいう説がある。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


無神論[編集]

人間

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


偶像崇拝[編集]

アイドル。だけど処刑道具である十字架の方が有名だったりする。

もしイエスが十字架ではなくギロチンで処刑されていたとしたら、小さいギロチンをお守りのように首から下げたりするのかもしれない。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


レギオン[編集]

  • 『いと高き神の子イエス』[13]
  • 『神に誓ってお願いします。どうぞ、わたしを苦しめないでください』[14]とイエスに懇願する辺り、レギオンは「神」と「イエス・キリスト」を別個の存在として認識しているらしく、三位一体を知らないと見える。また、レギオンはイエスより下位の存在で、神はイエスより上位の存在となる模様。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


能力の限界について[編集]

イエスは神とされることもあるが、少なくとも人間だった時にはその能力には限界があったため、全知全能ではない事が分かる。

  • 自分の力が抜けていく事を察知はできたが、誰が触れたのか分からなかった[15]
  • 祈る必要があった。父の心の全てを把握してはいなかった[16]
  • 父しか知らない事がある事をイエス自身も認めていた[17]

ミカエルとの同一説について[編集]

「サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害するのか」と言った時にイエスと名乗っているから[18]、天に行ってもイエスはイエスって事でいいんじゃないかな?

キリスト教の開祖節について[編集]

イエス・キリストが地上に登場した当時のユダヤ教的には、旧約聖書中で予告されていたメシアがイエス・キリストであるという事になっていたのだが、それを受け入れたグループと受け入れなかったグループがあって分裂したと考えた方が分かりやすいかもしれない。

キリスト教はイエス・キリストを受け入れたユダヤ教で、キリスト死別後のユダヤ教はイエス・キリストを受け入れなかったユダヤ教と考えれば、共通の土台は旧約聖書と分かる。

そう考えると、キリスト教が分裂しているのは、ある考えを受け入れたグループと受け入れなかったグループがあって分裂したと考えれば分かりやすいかもしれない。なんでこんなにも分裂できるのかはサタンの影響と考えれば納得はできる。

脚注[編集]

  1. ヨハネによる福音書(口語訳)8章58節
  2. マタイによる福音書(口語訳)26章63節から66節”. ウィキソース (2018年5月29日). 2018年12月26日確認。
  3. jawp:旧約聖書に預言されたキリスト
  4. マタイによる福音書(口語訳)8章28節から29節”. ウィキソース (2018年5月29日). 2018年12月26日確認。
  5. マタイによる福音書(口語訳)16章13節から16節”. ウィキソース (2018年5月29日). 2018年12月26日確認。
  6. マタイによる福音書(口語訳)1章21節から24節”. ウィキソース (2018年5月29日). 2018年12月26日確認。
  7. ヨハネによる福音書(口語訳)6章15節”. ウィキソース (2018年2月10日). 2018年12月26日確認。
  8. ヨハネによる福音書(口語訳)5章17節から18節”. ウィキソース (2018年2月10日). 2018年12月26日確認。
  9. 使徒行伝(口語訳)13章34節以降
  10. ルカによる福音書(口語訳)#第24章”. ウィキソース (2018年11月1日). 2019年7月14日確認。
  11. 9. 世の終わりは近づいていますか”. ものみの塔 オンライン・ライブラリー. 2019年7月14日確認。
  12. 阿弥陀仏の元はイエス・キリストだった(久保有政・解説)”. Youtube (2019年11月16日). 2020年4月12日確認。
  13. マルコによる福音書(口語訳)5章1節から9節”. ウィキソース (2019年10月18日). 2019年12月22日確認。
  14. マルコによる福音書(口語訳)5章7節”. ウィキソース (2019年10月18日). 2019年12月22日確認。
  15. ルカによる福音書(口語訳)8章43節から48節
  16. マタイによる福音書(口語訳)26章39節
  17. マタイによる福音書(口語訳)24章36節
  18. 使徒行伝(口語訳)9章4節から5節

関連項目[編集]

Uncyclopedia.pngアンサイクロペディアのゆかいな仲間たちがイエス・キリストの項目を面白おかしく執筆しています。