宇宙

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
  1. 人物名。読み方は「うちゅう」、「コスモ」、「そら」など。
  2. 地球からみて大気圏外のことを指す言葉。いわゆる宇宙空間
  3. 天文学物理学上の宇宙。

宇宙(うちゅう)とは、空間の領域・エネルギーである。

概要[編集]

一般的に宇宙として使われることが多いのは、大気圏外(高度100km以上)を指すときである。天文学の意味合いで言えば、天体現象・物理エネルギーを含む空間である。なお、天文学と宇宙論は同一視されがちであるが、関係性が深いものの別のものである。

宇宙の大きさについては、実はまだよく分かっていない。無限の大きさという考えもあれば、有限の大きさという考えもある。また、有限でかつ端がない、いわゆるトーラス空間であるという考えもある。そもそも、宇宙は膨張を続けているとされてはいるものの、膨張速度すら正確に分かっていないのが現状である。

宇宙の起源[編集]

宇宙は「ビッグバン」と呼ばれる現象から始まったという説が、現在の科学界においては主流である。宇宙の研究はまだ未確定な部分も多く、ビッグバン理論に関する異論もあるため、根本的に理論がひっくり返る可能性も考えられる。


科学的な説明以外で言えば、宗教や哲学においても宇宙は語られてきた。

外部リンク[編集]