中野島駅

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中野島駅
画像募集中.png
なかのしま
Nakanoshima
JN 14 登戸 (2.2km)
(1.3km) 稲田堤 JN 16
所在地神奈川県川崎市多摩区中野島3丁目13-1
駅番号JN 15
所属事業者東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線JN 南武線
キロ程19.5km(川崎起点)
電報略号ノシ
駅構造地上駅
ホーム2面2線
乗車人員
-統計年度-
11486人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日1927年昭和2年)11月1日[1]
備考業務委託駅

中野島駅(なかのしまえき)とは、神奈川県川崎市多摩区中野島3丁目13-1にある東日本旅客鉄道(JR東日本)南武線の駅である。駅番号JN15

概要[編集]

JR東日本ステーションサービス(JESS)が駅管理を委託している登戸駅管理の業務委託駅。指定席券売機・多機能券売機が設置されている。

平日朝の時間帯は学校が多く、利用する学生で混雑する。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅。上り下り共に跨線橋で結ばれている。改札口は下りホーム立川方面の端に設置されている。ラッシュ時間帯は、川崎方面ホーム中ほどに臨場改札口が設置されている。[注釈 1]

2014年3月14日まで快速が停車していた。3月15日のダイヤ改正から、快速通過駅となった。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 JN 南武線 下り 府中本町立川方面
2 上り 登戸武蔵溝ノ口武蔵小杉川崎方面

歴史[編集]

所在地[編集]

  • 神奈川県川崎市多摩区中野島3丁目13-1

隣の駅[編集]

快速(Rapid)

通過

各駅停車(Local)

(川崎方面)登戸駅←矢野口駅→稲田堤駅(立川方面)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 利用時間は平日7:00-8:30、16:00-19:00で、土休日や平日の閑散時間帯は開かない。
  2. 本来は3月12日からの予定であったが、東日本大震災直後の為、この日に延期になった。
  3. 登戸~稲城長沼

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』38号 青梅線・鶴見線・南武線・五日市線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年4月11日、20-21頁。
  2. 「運輸省告示第317号」『官報』1947年12月11日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. 南武線で快速列車の運転が始まる - 『鉄道ファン交友社 railf.jp鉄道ニュース 2011年4月10日

報道発表資料[編集]

  1. Suicaご利用可能エリアマップ(2001年11月18日当初)” (日本語). 東日本旅客鉄道. 2019年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月29日確認。
  2. “2014年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2013年12月30日), オリジナル2013年12月30日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210830222307/https://www.jreast.co.jp/press/2013/20131217.pdf 2021年8月30日閲覧。 
  3. “南武線津田山駅北口一部及び中野島駅臨時改札口の使用開始日が決まりました!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 川崎市/東日本旅客鉄道横浜支社, (2019年5月22日), オリジナル2019年6月8日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190608070735/https://www.jreast.co.jp/press/2019/yokohama/20190522_y01.pdf 2019年9月8日閲覧。 
JN 南武線の駅一覧
本線川崎 - 尻手 - 矢向 - 鹿島田 - 平間 - 向河原 - 武蔵小杉 - 武蔵中原 - 武蔵新城 - 武蔵溝ノ口 - 津田山 - 久地 - 宿河原 - 登戸 - 中野島 - 稲田堤 - 矢野口 - 稲城長沼 - 南多摩 - 府中本町 - 分倍河原 - 西府 - 谷保 - 矢川 - 西国立 - 立川
南武支線尻手 - 八丁畷 - 川崎新町 - 小田栄 - 浜川崎
(貨)尻手短絡線尻手 - (新鶴見信号場) - 鶴見