稲田堤駅

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

稲田堤駅
いなだづつみ
Inadazutsumi
JN 15 中野島 (1.3km)
(1.6km) 矢野口 JN 17*
所在地川崎市多摩区菅稲田堤一丁目1-1
駅番号JN 16
所属事業者東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線南武線
キロ程20.8km(川崎起点)
電報略号ツツ
駅構造地上駅
ホーム2面2線
乗車人員
-統計年度-
26,453人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日1927年昭和2年)11月1日[1]
乗換京王稲田堤駅京王相模原線
備考業務委託駅
* この間に横浜支社八王子支社境界あり(当駅から中野島寄りは横浜支社管内)

稲田堤駅(いなだづつみえき)は、神奈川県川崎市多摩区菅稲田堤一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)南武線である。駅番号JN 16

JR東日本ステーションサービス (JESS)が駅管理を受託している登戸駅管理の業務委託駅レッツキヨスク稲田堤1号店が改札外正面にある。またトイレは改札外コンコースに仮設で乗客が使うものが、改札内コンコースに主に身体障害者が使うものが設置されている。改良工事で、エレベーターの設置と共に主に乗客が使うものを建設した。

脚注[編集]

  1. 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』38号 青梅線・鶴見線・南武線・五日市線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年4月11日、20-21頁。


JN 南武線の駅一覧
本線川崎 - 尻手 - 矢向 - 鹿島田 - 平間 - 向河原 - 武蔵小杉 - 武蔵中原 - 武蔵新城 - 武蔵溝ノ口 - 津田山 - 久地 - 宿河原 - 登戸 - 中野島 - 稲田堤 - 矢野口 - 稲城長沼 - 南多摩 - 府中本町 - 分倍河原 - 西府 - 谷保 - 矢川 - 西国立 - 立川
南武支線尻手 - 八丁畷 - 川崎新町 - 小田栄 - 浜川崎
(貨)尻手短絡線尻手 - (新鶴見信号場) - 鶴見