軍隊

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

軍隊(ぐんたい、英:Army)とは、軍人の集団。群体ではない。

概要[編集]

国を守るため実力行使を行う、組織化された戦闘部隊。歴史は古く、古代では村を守る戦闘員は男性だった。

現代の軍隊は高度に技術が発展しており、女性でも勤務している事はある。

陸・海・空に大別され、最高司令官は大抵国のトップかその側近である。

新しい部隊としては人民解放軍のサイバー部隊が代表的で、次は宇宙戦争に備えて宇宙に進出すると思われる。[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]

日本の軍隊[編集]

太平洋戦争後、日本の軍備は連合国によって、一部水上艦艇を残して解体(緑十字飛行日本海軍掃海艇部隊及びわかばを除く)されたために不在であったが、明治期の創設以来英国海軍をモデルにしていたとされる日本海軍幹部は、第二復員省もしくは厚生省などに移行、現在も海上自衛隊として継続する組織として存続する事に成功し、1950年朝鮮戦争を機に警察予備隊(陸自前身組織)・海上警備隊(海自前身組織)が創設され、一時的な保安隊を経て専守防衛を旨とする自衛隊が発足した。実際には海上公安局案などもあったがここにおいて日本国サンフランシスコ講和条約発効時点での再軍備が実現し、その後は国際協力活動(PKO等)を本来任務とする国際社会の一員となり、その後東西冷戦における西側諸国として活動した。冷戦期の日本国では再建された陸海軍(陸自及び海自)組織と共に、太平洋戦争終結まで存在していなかった独立した空軍組織(航空自衛隊)が創設され、旧高等商船学校出身者による準軍事組織である海上保安庁沿岸警備隊)を国境警備に専任させる形として分離し、四種の組織が存在する陸海空自衛隊及び(海保)で構成され、複合的な国防体制となった。

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディア軍隊の項目があります。