妙林尼

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア妙林尼の項目があります。

妙林尼(みょうりんに、生没年不詳)は、戦国時代女性大友氏の家臣・吉岡鑑興の妻。女性であるが武将として働いた記録がある人物である。実名は不詳。子に吉岡統増がいる。

生涯[編集]

父は丹生正俊という。夫は大友宗麟の取次、加判衆を務める吉岡鑑興で、永禄年間初期に嫁いだと見られている。夫の鑑興は天正6年(1578年)の耳川の戦いに従軍して島津義久に大友宗麟が大敗した際に戦死した。このため、妙林尼は落飾して尼となった。

天正14年(1586年)、島津義久は大友宗麟の本国である豊後国への侵攻を開始(豊薩合戦)。妙林尼のいる鶴崎城にも義久の異母弟・島津家久の命令で伊集院久宣白浜重政野村文綱らを大将とした3000の兵士が派遣された。このとき、子の統増は大友宗麟の居城である臼杵城に家臣団を引き連れて詰めており、鶴崎城にはほとんど兵士がいなかった。妙林尼は女子供や老兵、農民をかき集めて有り合わせの急ごしらえの防御施設を構築し、島津軍に備えた。伊集院が降伏を迫ると妙林尼はこれを拒否して敢然と戦い、島津軍は妙林尼が仕掛けた落とし穴など様々な罠のために16回も押し返される結果となった。

しかし鶴崎城の兵糧が尽きてしまい、城内の動揺も激しくなり、妙林尼はやむなく島津軍に降伏してその監視下に置かれる。ここで妙林尼は伊集院らと親しくして酒を酌み交わすほどの仲になった。天正15年(1587年)3月、豊臣秀吉による九州征伐が開始されると、鶴崎城にいる伊集院らの下にも家久から帰還命令が届けられる。伊集院は引き揚げの準備に入るが、この際に妙林尼は伊集院に一緒に薩摩国に連れて行って欲しいと懇願し、伊集院らを大いに油断させた上でかねてから残っていた家臣団を乙津川あたりに伏兵として控えさせていたので、伊集院らが撤退に移るとこれを襲撃させた(寺司浜の戦い)。すっかり妙林尼を信用しきっていた伊集院らは虚を突かれて大敗。伊集院久宣と白浜重政は戦死し、野村文綱は重傷を負いながら何とか逃げ延びたものの、このときの負傷により後に死去した。この武功により、妙林尼は宗麟から「麟」の字をもらって妙麟尼と改めたと言われる。

以後、妙林尼のことは史料上では確認できない。

外部リンク[編集]