ヤズデギルド1世

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

ヤズデギルド1世(Yazdegerd Ⅰ, ? - 420年)は、サーサーン朝ペルシア帝国の第15代君主(在位:399年 - 420年)。

生涯[編集]

父は第13代君主のシャープール3世[1]。第14代君主のバハラーム4世の甥にあたる[1]399年に叔父が暗殺されたため、跡を継いだ[1]宗教政策で寛容策を採用し、キリスト教への圧迫を停止してゾロアスター教との融和を務めたという[1]

420年に崩御し、子のシャープール4世が跡を継いだ。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 小和田『世界帝王事典』P72

参考文献[編集]