国葬

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
Wikipedia-logo.pngウィキペディア国葬の項目があります。

国葬(こくそう)とは、国家に対して功労のあった人物が死去した際に国費を使用して国の儀式として執行する葬儀のことである。国民葬とは異なる。

概要[編集]

外国の国葬[編集]

外国で行なわれる国葬はアメリカ大統領などの政治家や、インドマザー・テレサ台湾テレサ・テンブラジルアイルトン・セナなどその国家において国民的英雄が国葬にされる例もある。

外国で国葬が行なわれた日本人[編集]
  • 安達峰一郎(オランダ王国)
  • 近藤常子(旧ユーゴスラヴィア)
  • 西岡京治(ブータン王国)

日本の国葬[編集]

日本における国葬は政治家や軍人皇族などが対象とされる。名を挙げれば伊藤博文山縣有朋松方正義西園寺公望吉田茂などの内閣総理大臣経験者など著名な政治家が多い。そして日本で最後に国葬が行なわれたのは吉田茂の死去した昭和42年(1967年)であり、この国葬が平成30年(2018年)現在では戦後における唯一の国葬例となっている。

なお、国葬と言われると荘厳で盛大であると思われがちだがそうでもない。大正11年(1922年)に山縣有朋の国葬が行なわれた際、実は同時期に死去した大隈重信の国民葬も行なわれた。山縣は晩年に宮中某重大事件を起こしたり、それまでが陸軍の実力者として専制的なところもあったために不人気で、参列したのが陸軍や警察関係者だけだったのに対し、大隈の国民葬には各界の著名人など30万人が一般参列するなどの人気ぶりで、余りに対照的すぎた。そのため当時は新聞記者をしていた石橋湛山が山縣の死去を「死もまた社会奉仕」と評し、別の新聞では「民抜きの国葬」と酷評される始末だったという。

日本で国葬が行なわれた人物の一覧[編集]

太字は内閣総理大臣経験者。日付は国葬が行なわれた日を指す。

国葬の例
年月日 地位や役職
1883年(明治16年)7月25日 岩倉具視 右大臣、政治家、明治維新の功労者
1887年(明治20年)12月18日 島津久光 公爵左大臣、薩摩藩の国父、明治維新の功労者
1891年(明治24年)2月25日 三条実美 公爵、太政大臣、明治維新の功労者
1895年(明治28年)1月29日 有栖川宮熾仁親王 陸軍大将参謀総長、皇族
1895年(明治28年)12月18日 北白川宮能久親王 陸軍大将、近衛師団長、皇族
1896年(明治29年)12月30日 毛利元徳 公爵、参議、元山口藩
1898年(明治31年)1月9日 島津忠義 公爵、参議、旧鹿児島藩主。久光の嫡子
1903年(明治36年)2月26日 小松宮彰仁親王 元帥陸軍大将、皇族
1909年(明治42年)11月4日 伊藤博文 公爵、初代・第5代・第7代・第10代内閣総理大臣、明治維新の功労者、元老
1913年大正2年)7月17日 有栖川宮威仁親王 元帥、海軍大将、皇族
1916年(大正5年)12月17日 大山巌 公爵、元帥、陸軍大将、内大臣、元老、明治維新の功労者
1919年(大正8年)3月3日 徳寿宮李太王熈 韓国の王族、韓国皇帝(高宗
1922年(大正11年)2月9日 山縣有朋 公爵、元帥、陸軍大将、第3代・第9代内閣総理大臣、元老、明治維新の功労者
1923年(大正12年)2月14日 伏見宮貞愛親王 元帥、陸軍大将、内大臣、皇族
1924年(大正13年)7月12日 松方正義 公爵、第4代・第6代内閣総理大臣、元老、明治維新の功労者
1926年(大正15年)6月10日 昌徳宮李王坧 韓国皇帝(純宗
1934年昭和9年)6月5日 東郷平八郎 侯爵、元帥、海軍大将、連合艦隊司令長官
1940年(昭和15年)12月5日 西園寺公望 公爵、第12代・第14代内閣総理大臣、明治維新の功労者
1943年(昭和18年)6月5日 山本五十六 元帥、海軍大将、連合艦隊司令長官
1945年(昭和20年)6月18日 閑院宮載仁親王 元帥、陸軍大将、参謀総長、皇族
1967年(昭和42年)10月31日 吉田茂 外交官、第45代・第48代・第49代・第50代・第51代内閣総理大臣